ホーム > お知らせ > 葉物定植へ種まき、高品質苗生産を

お知らせ

19.01.28

葉物定植へ種まき、高品質苗生産を JAあづみだより

▲種をまく営農指導員

▲1月中旬に種をまいた苗箱

 1月24日、JAは、安曇野市堀金の烏川育苗センターで、春の定植に向けた葉菜類の播種作業をしました。
 育苗の共同化と高品質な苗の生産、供給で生産者のコスト負担を軽減しています。
 12月下旬と1月中旬にも行い、この日が最後の作業となりました。
 営農指導員3人が、玉レタスやサニーレタス、グリーンリーフの種を育苗土が引き詰められた箱にまき、温床線が並んだトンネル内で発芽するまで18℃で管理します。
 発芽後は、ビニールハウスの暖房機を使って温度管理しながら約1ヵ月育苗します。
 育てた苗は、注文のあった管内の生産者22人に随時届けます。

お知らせ

最近のエントリー
米「風さやか」集荷量 前年比33%増 JAあづみ食糧専門委員会 生産販売検討会
リンゴ「ピンクレディー」出番、大切な人に贈って
葉物定植へ種まき、高品質苗生産を
冬期農業教室を開催
本物の味で安全・安心
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop