ホーム > お知らせ > ハイジの里 買い物客50万人達成

お知らせ

18.08.17

ハイジの里 買い物客50万人達成 JAあづみだより

▲千國組合長(右)から記念品を受け取る野澤さん家族

 8月12日、JAあづみが安曇野市豊科南穂高で運営する大型農産物直売所「安曇野スイス村ハイジの里」の買い物客が、50万人に達しました。
 平成28年6月のオープンから地産地消の拠点として地域の生産者や消費者、観光客の支持を集め、予定より早い2年2ヵ月での達成となりました。
 午後2時ごろにレジで会計をした愛知県北名古屋市の野澤昌史さん家族が記念すべき50万人目となり、記念品として曇野産の桃「あかつき」16玉と夏秋いちごのリキュール「苺酒」が、千國茂組合長から贈られました。
 野澤さんは5人家族で、2泊3日のキャンプで安曇野を訪れ、夕食やお土産を買いにハイジの里に立ち寄ったとのことで、「とても驚いたけど、うれしい。旅の思い出がもう一つできた」と喜んでいました。
 後藤祐輔店長は「安曇野だけでなく、松本や塩尻からお気に入りの生産者の農畜産物を買い求めるお客様が多くなってきた。より多くの人に愛される直売所にしていきたい」と話していました。
 ハイジの里は、現在563人の生産者が登録し、米やリンゴ、梨、ブドウ、桃、キャベツ、ハクサイなど新鮮な果実や野菜を数多く取り揃えています。
 北陸直送の鮮魚、地元食材を使ったピザ、ソフトクリームなども販売し、イートインスペースでは日替わりイベントを開いて、来場者を増やしています。

お知らせ

最近のエントリー
サンつがる、選果始まる
ハイジの里 買い物客50万人達成
夏秋イチゴのリキュール新発売
盆花の購入はJA各直売所で
花き品評会で、力作109点競う
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop