ホーム > お知らせ > 梓川中学校 伝統「松本一本ねぎ」の栽培に初挑戦

お知らせ

18.05.14

梓川中学校 伝統「松本一本ねぎ」の栽培に初挑戦 JAあづみだより

▲苗を植える生徒

▲青柳営農指導員(右)から土寄せのやり方を教わる生徒

 松本市梓川の梓川中学校2年生151人は、技術・家庭科の授業で、地元特産の伝統野菜「松本一本ねぎ」の栽培を始めました。初めての取り組みで、校内に作った0.6aの畑で約300本を育て、10月に収穫、調理して食べる予定です。
 JA梓川地域営農センターの青柳安定営農指導員が、植え付けや土寄せなどを指導。「軟白部分を多くするため土寄せが大切」と説明しました。他の生徒らも5月中旬、それぞれのクラスの授業の時間に植え付けをしました。
 生徒らは畑の整備、土づくりから手掛けました。校内の敷地を開墾し、石などを取り除いてから、JAオリジナル肥料「あづみ野土根生」や腐葉土などを入れて畑にしました。10月の収穫まで土寄せや追肥などの栽培管理します。

お知らせ

最近のエントリー
安曇野スイス村ハイジの里 周年祭を開催します
JAあづみ あぐりセミナー開催のお知らせ
新役員執行体制が決まりました
第53回通常総代会を開催しました
婚活イベントin信州安曇野2018 〜お見合い大作戦〜
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop