ホーム > お知らせ > ワサビの花が見頃になっています

お知らせ

18.03.30

ワサビの花が見頃になっています JAからのお知らせ

 3月下旬、安曇野市内のワサビ田で、ワサビの花が見頃を迎えました。
 青々と茂るワサビの若葉の間に咲く白い小さな花を見ようと、安曇野穂高の大王わさび農場に大勢の観光客が訪れています。
 農場の栽培面積は約15haで、ワサビの全国生産量の約10%を占めています。
 北アルプスを源流とする豊富な湧き水(日量70万邸砲湧き出し、日本でも珍しい平地式栽培で育てています。
 来場者は、清流と純白のコントラストを楽しみながら散策や写真撮影をしていました。
 農場によると4月中旬まで楽しめるとのことで、4月8日まで「わさび花祭り」のイベントを行っています。
 観光で訪れた埼玉県大宮市の夫婦は「ワサビの花がとてもきれいで良かった。花が食べられることを初めて知ったので、お土産に買って帰りたい」と喜んでいました。
 ワサビの花は、おひたしや和え物、天ぶらなどにして味わえます。
 市内のJA農産物直売所などにも販売しています。

お知らせ

最近のエントリー
平成31年度(2019年)あづみ農業協同組合職員採用試験のお知らせ
ワサビの花が見頃になっています
特殊詐欺被害の未然防止に向けた当組合の取組みについて
JA虹のホールとよしな別館がオープンしました!!
バレンタインデー商戦に向けてリンゴ「ピンクレディー」選果
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop