ホーム > お知らせ > 世界最小のリンゴ初選果

お知らせ

17.11.04

世界最小のリンゴ初選果 JAあづみだより

▲傷などの有無を確認する選果スタッフ

▲アルプス乙女

 10月27日、JAは安曇野市三郷温のJA果実中央選果所で、世界一小さいリンゴ「アルプス乙女」を初選果しました。同JA管内では約50アール栽培され、今年度は約1700ケース(1ケース10キロ)を東京から九州の市場に出荷します。
 JA三郷地域営農センターの宮腰政寛営農指導員が、選果スタッフ約40人に等級や階級の規格を説明。選果スタッフは、果実の傷や日焼け、さびを確認しながら特秀と秀の2等級を、重さ別の3L〜Mの4階級に分けてパック詰めしました。
  「アルプス乙女」は、松本市の農家が「紅玉」と「ふじ」の混植園で育成、選抜した品種で、甘味の中にほどよい酸味があり、果汁も多めです。果皮は真っ赤で、直径が約5センチと小さく、重さが約25〜50グラムと「ふじ」に比べて10分の1程度。小さくて食べやすいことから、屋台のリンゴあめに使われています。宴会料理やサラダ、デザート向けに旅館やレストランからの需要もあります。
 宮腰営農指導員は「5月に発生したひょう害の影響で、例年に比べて傷果は多いが、10月に入って冷え込んできたので着色も進み、色付きは最高にいい」と話していました。

お知らせ

最近のエントリー
『収穫祭』『生活祭』『吉蔵ねぎ・新米祭り』を開催します
「“安曇野まるかじり”りんご日帰りツアー」の参加者を募集しています!!
『りんごフェア』を開催します。
「第5回信州安曇野新そばと食の感謝祭」
主力品種リンゴ「サンふじ」初選果
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop