ホーム > お知らせ > 高品質なブドウ出荷を

お知らせ

17.08.25

高品質なブドウ出荷を JAあづみだより

▲出荷規格などを説明する西牧営農指導員

▲サンプルを試食して出荷規格や糖度を確認する生産者

 8月27日、安曇野産ブドウ「ナガノパープル」の出荷が、27日から始まりました。今年は約1300ケース(1ケース5kg)を主に県内や関西、関東などの市場に出荷。ブドウ全体の出荷量は、約7000ケースの予定です。
 8月23日、出荷に先立ちJAぶどう部会は、安曇野市三郷温のJA温選果所で、ナガノパープル出荷目揃い会を開き、生産者ら約10人が参加しました。JA三郷地域営農センターの西牧雅史営農指導員が他産地の販売状況や管内の生育状況、荷造り、等級、1房ごとの重さや房系、着色など細かく説明し、生産者は熱心に耳を傾けながらメモを取り、出荷基準を確認しました。
 保崎健文部会長は「安曇野産は市場からも評価が高い。管理を徹底して産地の名に恥じない品物を出荷することで、消費者に喜んでもらえれば」と話していました。

お知らせ

最近のエントリー
『JAあづみ女性部フェスティバル参加予定の皆様へ』
『JAあづみ創立55周年企画「55年目の発掘と褒賞〜安曇野の大地への愛と誇りを〜」』候補者募集
『女性のつどいに参加予定の皆様へ』
『無添加の食用油 給食に』
『JAあづみ青壮年部とJA常勤役員、室・事業部長との懇談会』
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop