ホーム > お知らせ > マリ共和国に米を 国際協力田

お知らせ

17.05.16

マリ共和国に米を 国際協力田 JAあづみだより

 5月14日、飢餓に苦しむアフリカ西部のマリ共和国へ援助米を送るため、JAが安曇野市堀金烏川に設けた「国際協力田」で田植え作業をしました。
 生活協同組合コープながの中南信地区の組合員とその家族ら約40人が参加。矢淵一良理事が所有する水田8討法⊆蟶邏箸妊灰轡劵リの苗を植え、援助米作りに汗を流しました。
 田植え前に矢淵さんは「たくさんの米が収穫できるよう、心を込めて植えてもらえれば」とあいさつしました。
参加者は裸足になって水田に入ると、泥の感触を楽しみながら、苗を2、3本ずつ丁寧に植えていきました。
 この活動は、JA長野県グループの国際協力田運動の一環で、平成13年からコープながのと連携して取り組んでいます。
 9月下旬に収穫し、約570舛亮穫量を見込んでいます。

お知らせ

最近のエントリー
JAあづみ青壮年部 婚活イベントin信州安曇野2017 〜お見合い大作戦〜
特産リンゴ果汁使用 ペットボトル緑茶発売
あぐりキッズスクール開校式
堀金中学校 農業の理解を深めて 
園児・児童が保育園や学校で育てる野菜苗をJAから購入
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop