ホーム > お知らせ > アスパラの種まき始まる

お知らせ

17.03.15

アスパラの種まき始まる JAあづみだより

▲育苗土に種が入っているかチェックする営農指導員

 3月15日、JAあづみは、JA烏川育苗センターで、アスパラガスの播まき作業をしました。JA営農指導員7人が、野菜播種機を使って育苗箱200箱(1箱128穴)に種をまき、種の入っていない穴をチェックしながら補充していきました。種が入った育苗箱は、28℃に保った出芽室に1週間ほど育苗させた後、ビニールハウスに移して1カ月半育てます。
 JA営農経済事業部農産課の手塚富康営農指導員は「減反対策として多くの生産者にアスパラガスを作付けしてほしい。しっかりと育てて、生産者に喜ばれる苗を作りたい」と意気込みを話していました。
      
     

お知らせ

最近のエントリー
第38回さくら祭りを開催します!!
平成30年度あづみ農業協同組合職員採用試験のお知らせ
地元の企業 理解深めて
1支所1協同活動  高家ふれあいデー
夏秋イチゴ販売額過去最高の2億5千万円に
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop