ホーム > お知らせ > ひまわり栽培に助言  圃場巡回検討会

お知らせ

14.06.09

ひまわり栽培に助言  圃場巡回検討会 JAからのお知らせ

▲生育状況などを確認する生産者ら

 6月5日、JAあづみは特産化を目指して管内の農家が栽培に取り組んでいる「ひまわり」の圃場巡回検討会を開きました。農家やJAの営農指導員、松本農業改良普及センターら約20人が参加。JA管内の3つの圃場を巡って、生育状況や栽培のポイントなどを確認しました。
  JA管内の主力品種は「サンリッチオレンジ」と「サンリッチレモン」で、県内一の出荷量となっています。今年の栽培面積は50徳加の220討如∈惑櫃垢詛晴箸眷々増えています。
  検討会は、松本農業改良普及センター主査の水谷俊英さんが講師となり、水やりのタイミングや温度管理、消毒の仕方などについて各圃場の生育状況にあった指導しました。水谷さんは「ハウス栽培は病気になりにくいが、水やりや温度調節に気を配らないといけない」と話し、2月の大雪の影響で害虫が生き残り、花弁や葉の食害が出ているため「定期的に農薬の散布をしてほしい」と注意を促しました。
  今季は関西の市場を中心に、昨年より2000箱(1箱50本)多い10000箱の出荷を見込んでいます。
 

お知らせ

最近のエントリー
JA虹のホールあずさがわ事前相談会並びにペット合同供養祭開催のお知らせ
あづみのキッチン親子料理教室が大人気!!
広報誌「スマイル」12月号のお詫びと訂正
大相撲松本場所の先行チケットを12月1日から受付いたします
伝統野菜の牧大根を収穫しました。祭りで販売します!!
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop