ホーム > お知らせ > 品質向上のための剪定講習会

お知らせ

14.01.15

品質向上のための剪定講習会 JAあづみだより

剪定指導をする営農指導員

 1月14日、JAあづみは中生種リンゴ「シナノスイート」の品質向上のための剪定(せんてい)講習会を安曇野市三郷小倉の圃場で開きました。
 小倉地区の生産者35人が参加し、実演を通じて技法を学びました。
 三郷地域営農センターの降幡英樹課長代理が講師を務め、品質向上となる整枝の手法などを指導しました。
 りんごの剪定作業の良し悪しで収穫量と品質に大きく影響を及ぼすため、日光の当たり方や農薬のかかりやすさ、作業性などを良くする工夫が求められます。
 はさみやのこぎりを使って、勢いのある枝に養分が届くように障害となる余分な枝を切り落とす方法などを実演しました。
  また、昨年の「シナノスイート」は風による枝ずれの傷が多かったため、枝が重なり合わないように誘引作業の必要性も説明しました。
 降幡課長代理は「樹のバランスを保ち、枝一本一本に日が当たるように剪定作業と合わせて誘引を行ってほしい」と集まった生産者に呼びかけていました。
 参加した生産者は「昨年は凍霜害やひょう害など自然災害が多くて苦労した年だった。剪定作業をしっかりとやって春に備えたい」と話していました。
 JAあづみでは、1月下旬まで各地区で品種ごとの剪定講習会を行っています。

お知らせ

最近のエントリー
『JAあづみ女性部フェスティバル参加予定の皆様へ』
『JAあづみ創立55周年企画「55年目の発掘と褒賞〜安曇野の大地への愛と誇りを〜」』候補者募集
『女性のつどいに参加予定の皆様へ』
『無添加の食用油 給食に』
『JAあづみ青壮年部とJA常勤役員、室・事業部長との懇談会』
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop