ホーム > お知らせ > 2014年1月

お知らせ

14.01.28

伝統野菜の牧大根漬け出荷の準備 安曇野うんめえ漬け販売 JAあづみだより

「安曇野うんめえ漬け」の出荷作業をするプロジェクトのメンバー

「安曇野うんめえ漬け」の出荷作業をするプロジェクトのメンバー

 安曇野市穂高柏原のJAあづみ女性部西穂高支部の「牧大根プロジェクト」(降籏房子代表)が作る牧大根や赤カブの漬物「安曇野うんめえ漬け」の販売が2月1日から、JAの生活店舗や直売所などで始まります。 好評でリピーターも多く、昨年も1カ月ほどで完売したため、今年は数を500袋増やし3000袋を販売する予定です。 1月27日に「安曇野うんめえ漬け」の出荷作業を西穂高支所の加工所で行いました。 「牧大根プ…

詳しく見る

14.01.23

りんご「ピンクレディー」初出荷 JAあづみだより

ピンクレディーの出荷作業をする生産者ら

ピンクレディーの出荷作業をする生産者ら

 バレンタインデーに向けた贈答用などとして売りに出されるリンゴ「ピンクレディー」の出荷作業が1月22日、安曇野市三郷温のJAあづみ温選果所で始まりました。 凍霜害や雹害の影響もあったものの木が成長して収量が増えたことから、例年と同じ1000箱(1箱5?)を出荷できる予定で、初日は300箱を出荷しました。  生産者とJA職員ら10人が作業し、リンゴを大きさ別に分類してピンク色の段ボール箱に…

詳しく見る

14.01.22

地元産の油を学校給食に JAあづみだより

梓川学校給食センター職員に油を手渡す小林あや子代表(左から4番目)ら

梓川学校給食センター職員に油を手渡す小林あや子代表(左から4番目)ら

  安曇野市と松本市産の菜種やヒマワリの種を原料にした安心安全な食用油を地元小中学校に使ってもらおうと、「特定非営利活動法人JAあづみくらしの助け合いネットワークあんしん」内のグループ「生き活(い)き塾菜の花プロジェクト安曇野」は1月20日、安曇野市と松本市の学校給食センター5カ所に食用油を寄贈しました。  「あんしん」は、安曇野市や松本市地域のJAあづみ管内の地域住民が会員登…

詳しく見る

14.01.15

品質向上のための剪定講習会 JAあづみだより

剪定指導をする営農指導員

剪定指導をする営農指導員

 1月14日、JAあづみは中生種リンゴ「シナノスイート」の品質向上のための剪定(せんてい)講習会を安曇野市三郷小倉の圃場で開きました。 小倉地区の生産者35人が参加し、実演を通じて技法を学びました。 三郷地域営農センターの降幡英樹課長代理が講師を務め、品質向上となる整枝の手法などを指導しました。 りんごの剪定作業の良し悪しで収穫量と品質に大きく影響を及ぼすため、日光の当たり方や農薬のかかりやすさ、…

詳しく見る

14.01.08

JAあづみ 年始の会 JAあづみだより

年始の挨拶をする千國組合長

年始の挨拶をする千國組合長

  1月7日、 JAあづみは安曇野市豊科南穂高の安曇野スイス村サンモリッツで、2015年「年始の会」を開きました。 生産者の代表や行政関係者、地元選出の国会議員や県議会議員、JAの役職員ら約180名が参加しました。 新年を祝うとともに、農業振興や農政課題等について意見を交わしました。 千國茂代表理事組合長は昨年の凍霜害を振り返り「晩生種リンゴや梨などで甚大な被害があった。平成2…

詳しく見る

お知らせ

最近のエントリー
伝統野菜の牧大根漬け出荷の準備 安曇野うんめえ漬け販売
りんご「ピンクレディー」初出荷
地元産の油を学校給食に
品質向上のための剪定講習会
JAあづみ 年始の会
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop