ホーム > お知らせ > 夏秋イチゴの魅力発信 〜テレビ番組で紹介されました〜

お知らせ

13.06.21

夏秋イチゴの魅力発信 〜テレビ番組で紹介されました〜 JAあづみだより

夏秋イチゴ部会員の皆さんにご協力いただきました

サマープリンセスを試食する藤木シェフ(右から2人目)と官アナウンサー

『イチゴとお米のリゾット』

  6月17日、堀金烏川地区にある堀井勇司さんのイチゴハウスで、信越放送(SBC)の情報番組「3時は!ららら♪」を収録しました。
 JAあづみ夏秋イチゴ部会長の堀井さんが作っている夏秋イチゴが、同番組内の「藤木シェフの長野県のおいしい食べ方」コーナーで24日に放送されました。
  堀井さんが栽培している夏秋イチゴは、県の育成品種として開発された「サマープリンセス」と北海道で開発された「すずあかね」の2品種。
  取材で訪れたオーベルジュ・エスポワールのオーナーシェフ藤木徳彦さんと同放送の官琳アナウンサーに、堀井さんは栽培方法や品種の違いなどを説明しました。
  官アナウンサーが「ハウスの中は暑いイメージがありますが、涼しいですね」と話すと、堀井さんは「夏に作る品種のため、ビニールの上に遮熱フィルムを張ったり、風通しを良くしたりしています」と暑さ対策を説明しました。
 サマープリンセスを試食した藤木シェフは「酸味と甘味のバランスが良くて、ケーキに合いそうですね」と感心していました。
 ハウスでの収録後、広域営農センターの会議室で、藤木シェフが『イチゴとお米のリゾット』を作りました。この料理は簡単に作ることができ、甘酸っぱいイチゴがとてもよく合います。
 

 

『イチゴとお米のリゾット』のレシピ

<分量:4人分>
 米            70g
 塩            少々
 バター          10g
 水            150ml
 牛乳            300ml
 シナモンパウダー  適量
 生クリーム        150ml
 イチゴ            1パック
 砂糖             30g
 バニラエッセンス    少々
 ミント             適量


<作り方>
 (董塩、バター、水を大きめの鍋に入れて火にかけ、沸騰したら弱火にしてふたをして10分程炊きます。
 牛乳の半量を入れてよく混ぜ、沸騰したら残りの牛乳を入れてよく混ぜてシナモパウダーを入れ、沸騰したら弱火にし、ふたをして10分くらい炊きます。
 炊きあがったら火を止めてふたをしたまま1〜2分くらい蒸らします。
 ぅ椒Ε襪棒献リームとバニラエッセンス、砂糖を入れて泡立ててホイップクリームを作り、に混ぜ込みます。
 ゥぅ船瓦鯏当な大きさに切り、い忘ぜます。
 Υ錣豊イ肇潺鵐箸鮴垢衂佞韻董⊇侏莨紊りです。

お知らせ

最近のエントリー
JA虹のホールあずさがわ事前相談会並びにペット合同供養祭開催のお知らせ
あづみのキッチン親子料理教室が大人気!!
広報誌「スマイル」12月号のお詫びと訂正
大相撲松本場所の先行チケットを12月1日から受付いたします
伝統野菜の牧大根を収穫しました。祭りで販売します!!
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop