ホーム > お知らせ > 着果量確保のための管理指導会

お知らせ

13.05.15

着果量確保のための管理指導会 JAあづみだより

 当JAは5月10日、松本市梓川梓の畑で、凍霜害を受けたリンゴの管理指導会を行い、農家約70名が参加しました。
 当面の間、着果量確保のために必要となる対策について営農指導員が説明しました。
 梓川地域の凍霜害被害は、標高に関わらず全域で発生していて、目の高さの枝から下枝にかけての中心花(一番良い実となる花)の被害が特に多いです。
 営農指導員は、畑の被害状況によって摘果作業の仕方を変えていくように指導をしました。
 当JAでは、継続的な被害調査を行うとともに随時、指導会を開いて被害状況を確認していきます。
 

お知らせ

最近のエントリー
『JAあづみ女性部フェスティバル参加予定の皆様へ』
『JAあづみ創立55周年企画「55年目の発掘と褒賞〜安曇野の大地への愛と誇りを〜」』候補者募集
『女性のつどいに参加予定の皆様へ』
『無添加の食用油 給食に』
『JAあづみ青壮年部とJA常勤役員、室・事業部長との懇談会』
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop