ホーム > お知らせ > JA広島ゆたかとレモン貯蔵で業務提携

お知らせ

13.04.24

JA広島ゆたかとレモン貯蔵で業務提携 JAからのお知らせ

 当JAは4月10日、レモンの出荷量が単位農協として全国一のJA広島ゆたかとレモン貯蔵に関わる業務提携を結びました。
  当JAでは、リンゴの貯蔵を終える1月下旬からモモの貯蔵を始める7月下旬までの間の冷蔵施設の有効活用を兼ねてより考えていたところ、取引市場からJA広島ゆたかを紹介されました。
 国産レモンは、安心・安全を求める消費者から根強い需要がある一方で、端境期の夏まで貯蔵することが困難でしたが、JA広島ゆたかでは、この業務提携によって問題を解消するとともに、安曇野を首都圏や中京方面への出荷(初年度計画200邸砲涼羞儡霖呂箸靴撞案擦望茲擦燭す佑┐箸里海箸任后
 これまで繋がりのなかったリンゴ産地と柑橘産地が提携する事例は、全国でも大変珍しく双方にメリットがあるため、先進事例として産地や市場関係者から注目されています。

 広島レモンは、穂高農産物直売所・みどりの店直売所・あづみ野ふる里市の各直売所または生活センター烏川店で、1袋(3個入)200円でお買い求めいただけます。※市況動向により価格は変動する場合があります。

 

≪JA広島ゆたかとは≫
 JA広島ゆたかは、広島県の最南端、瀬戸内海の芸予諸島を管轄としています。レモンの他に、みかんやデコポンなど柑橘類の生産が盛んに行われています。
【組合員数】  正組合員2,652名、准組合員3,213名
【販売取扱高】 13億4千万円        (平成25年3月末現在)

お知らせ

最近のエントリー
JA虹のホールあずさがわ事前相談会並びにペット合同供養祭開催のお知らせ
あづみのキッチン親子料理教室が大人気!!
広報誌「スマイル」12月号のお詫びと訂正
大相撲松本場所の先行チケットを12月1日から受付いたします
伝統野菜の牧大根を収穫しました。祭りで販売します!!
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop