ホーム > お知らせ > リンゴ「ピンクレディー」出荷

お知らせ

13.01.29

リンゴ「ピンクレディー」出荷 JAあづみだより

 当JAは1月23日から、リンゴ晩生種「ピンクレディー」の出荷を始めました。 
 安曇野市三郷のJAあづみ温選果所では、農家とJA職員ら10人がリンゴを4種類の大きさに分け、専用のピンク色の段ボール箱に詰めて出荷しました。
 今季は昨季より400ケース(1ケース5繊紡燭ぁ計1200ケースの出荷を見込んでいます。主に東京の市場に2月中旬まで出荷する予定です。
 「ピンクレディー」は、オーストラリア原産で正式な品種名は「クリプスピンク」。「ふじ」に比べるとやや小ぶりだが、酸味が強く濃厚な味が特徴です。皮をむかず、丸かじりで食べやすいです。
 日持ちが良いため、昨年11月に収穫した果実を冷蔵貯蔵し、主力の「ふじ」が出回る時期をさけて出荷します。
 同JA直売所「あづみ野ふる里市」でも販売しています。
 県内の生産者でつくる企業組合・日本ピンクレディー協会によると、現在は欧州を中心に世界12カ国で栽培されていて、県内では認可を受けた24会員が栽培しています。市場出荷は4年目を迎え、流通量は少ないものの、評判は上々で生産者や出荷数も増えてきているとのことです。
 同協会の中村隆宣会長は「ヨーロッパでは恋人たちのリンゴとして親しまれている。小ぶりの真っ赤なハート形なので、バレンタインデーにチョコレートの代わりに贈ると喜ばれるのでは」と話していました。

お知らせ

最近のエントリー
JA虹のホールあずさがわ事前相談会並びにペット合同供養祭開催のお知らせ
あづみのキッチン親子料理教室が大人気!!
広報誌「スマイル」12月号のお詫びと訂正
大相撲松本場所の先行チケットを12月1日から受付いたします
伝統野菜の牧大根を収穫しました。祭りで販売します!!
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop