ホーム > お知らせ > 黄金色に実った稲を刈り取る

お知らせ

12.08.24

黄金色に実った稲を刈り取る JAあづみだより

 豊科高家で23日、早くも稲刈りが始まりました。大規模水稲農業を営んでいる宮沢幸さんが、大型コンバインを運転し黄金色に実った稲を次々と刈り取り、同地区約15アールの圃場で栽培された極(ごく)早生種の「きらりん」を収穫しました。
 宮澤さんは今年4月の田植えに続き、稲刈りも県内トップとなりました。稲刈り作業は、受託分も含めて40ヘクタールあり10月まで続きます。
 宮澤さんは「安曇野産のおいしい新米をいち早く消費者に食べてもらいたいと思っている」と話していました。
 米穀課によると今年の稲の生育は、梅雨明け後に好天が続いたため良好で、現在の生育は例年より5日程度早いです。管内で栽培されている主力品種の「コシヒカリ」の稲刈りは、9月10日ころから始まる見込みです。

お知らせ

最近のエントリー
『JAあづみ女性部フェスティバル参加予定の皆様へ』
『JAあづみ創立55周年企画「55年目の発掘と褒賞〜安曇野の大地への愛と誇りを〜」』候補者募集
『女性のつどいに参加予定の皆様へ』
『無添加の食用油 給食に』
『JAあづみ青壮年部とJA常勤役員、室・事業部長との懇談会』
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop