ホーム > お知らせ > 安全・安心生産を基軸に生産販売計画の必達を

お知らせ

10.04.16

安全・安心生産を基軸に生産販売計画の必達を JAあづみだより

 JAあづみそ菜専門委員会は4月15日、21年度の通常総会を豊科の勇屋会館で開催しました。生産者や役員ら約90名が出席した総会では、22年度の事業計画など4つの議案を承認しました。本年度は、市場・実需者から求められる品目を栽培する体系を構築し、さらに信頼される産地を目指して取り組んでいくほか、全品目でGAP(農業生産工程管理)に取り組み、安全・安心な農産物を供給し、生産販売目標の必達を目指します。
 開会で森幸則委員長は、「天候不順や消費者の買い控えなど、農業のおかれている状況は厳しいが、部会員が一丸となり、安全・安心な農産物を生産して、消費者の期待に応えていこう」と挨拶しました。
 また平成21年度そ菜主要品目共進会の表彰式もあわせて行われ、圃場審査や経営面積、収量等の基準をもとに選ばれた入賞者が表彰を受けました。

お知らせ

最近のエントリー
『JAあづみ女性部フェスティバル参加予定の皆様へ』
『JAあづみ創立55周年企画「55年目の発掘と褒賞〜安曇野の大地への愛と誇りを〜」』候補者募集
『女性のつどいに参加予定の皆様へ』
『無添加の食用油 給食に』
『JAあづみ青壮年部とJA常勤役員、室・事業部長との懇談会』
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop