ホーム > 営農情報 > 畜産

営農情報

17.12.15

[畜産]

家畜伝染病予防のポイント 本年も島根県で回収された野鳥から、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されました。今年も野鳥での流行が懸念されています。 また、鳥に関わらず家畜の伝染性ウイルスが流行り出す季節となりますので、ウイルスの進入防止対策を徹底するようお願いします。予防対策のポイント 家畜全般  ?生産現場(衛生管理)区域へ進入する際の車両(侵入者)の消毒ポイント  (踏み込み槽・マット)の設…

詳しく見る

16.12.14

仔牛を大切に管理しましょう!! [畜産]

 仔牛の持つ能力を十分に発揮させるためには、牛にとって快適な、乾燥した清潔な環境で飼育する必要があります。 寝たり座ったりしている時間が長いほど、牛にとっては快適であることを証明しています。 今回はそのような快適な環境にするための案として「仔牛のベッド」について紹介します。 作り方1.枠組み ?仔牛が立ち上がって排便・排尿した時に、枠の中へ糞尿が落ちない大きさにします。 ?仔牛が寝た時に、はみ出さ…

詳しく見る

15.12.19

[畜産]

仔牛を大切に管理しましょう!! 仔牛の持つ能力を十分に発揮させるためには、牛にとって快適な、乾燥した清潔な環境で飼育する必要があります。寝たり座ったりしている時間が長いほど、牛にとっては快適であることを証明しています。 今回はそのような快適な環境にする為の案として「仔牛のベッド」について紹介します。 ○作り方1.枠組みを作ります ?仔牛が立ち上がって排便・排尿した時に、枠の中へ糞尿が落ちない大きさ…

詳しく見る

14.12.15

特定家畜伝染病防疫指針について [畜産]

 家畜伝染病による被害を最小限に止めるためには、「発生の予防」、「早期の発見・通報」及び「迅速・的確な初動」が重要です。今もなお、アジア諸国では口蹄疫発生が続いています。この中で、「迅速・的確な初動」に必要となる措置を総合的に実施するための指針として「高病原性鳥インフルエンザ及び低病原性鳥インフルエンザに関する特定家畜伝染病防疫指針」、「口蹄疫に関する特定家畜伝染病防疫指針」が見直され公表されてい…

詳しく見る

13.12.18

[畜産]

バルク乳検査結果の見方 平成25年度事業に中信地域酪農協議会では、バルク乳検査を年2回実施し乳質改善を図ってきました。ここで改めて検査の目的と検査項目の意味について記載します。 1.バルク乳細菌検査の目的?搾乳手順は問題ないか??洗浄システムは問題ないか??乳房炎の牛は居ないか? バルクの細菌数の内訳をみることで、何が起こっているのか推測することが出来ます。 2.バルク乳検査の項目と意味?生菌数(…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
仔牛を大切に管理しましょう!!
特定家畜伝染病防疫指針について
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop