ホーム > 営農情報 > そ菜

営農情報

16.09.14

タマネギ播種について [そ菜]

 9月上旬はタマネギの播種時期となります。播種時期が早すぎると大苗になり抽台の要因になりますし、遅すぎると収穫物が小玉傾向になり減収に繋がります。秋の気温を考慮しながら、播種時期の調整をしてください。 播種後の育苗管理 タマネギは播種から1週間程度で発芽しますが、発芽するまでの期間は乾燥させない様に小まめに灌水し発芽率を高めましょう。 7割程度が発芽したら、夕方の涼しい時間に被覆資材を除去します。…

詳しく見る

16.08.14

[そ菜]

 8月中は例年、高温干ばつであります。 昨年や一昨年のような気候の場合もありますが、ジュース用トマトやスイートコーン、キュウリ等の出荷中の作物につきましては、土壌の渇き具合に応じて、朝夕の涼しい時間に畝間潅水をお願いします。ただし一度に多量な水を与えますと根を痛める原因となりますのでご注意ください。 タマネギ 播種は定植から逆算して55〜60日前が適期となります。今後の作業が適期に行えるように、今…

詳しく見る

16.06.18

梅雨時期の栽培管理について [そ菜]

 梅雨時期を迎え降雨、曇天の日が多くなります。水はけの悪い圃場では、病気の発生や、湿害による根腐れ等、生育障害が発生しやすくなります。 [排水、湿害対策の徹底] 長雨や豪雨に備え、圃場に溝を掘り畝間に雨水がたまらないよう排水対策を整えましょう。圃場に水がたまると根の働きが悪くなり、生育の遅れや病気に対する抵抗力が低くなります。 また、マルチを張っていない圃場は、降雨による泥跳ねにより病原菌が作物に…

詳しく見る

16.05.18

[そ菜]

 いよいよ露地野菜の定植本番を迎えました。昨年は4月下旬から5月上旬にかけて高温干ばつ傾向であり、活着がしにくい年でした。例年5月は寒暖の差が大きく、気温の格差が激しい時期となります。定植して活着するまでの苗は、晩霜や低温に特に弱く、生育に悪影響がでますので注意して下さい。また、畝立・マルチ掛けは土壌水分が適当なタイミングで行い、定植1週間前までにはマルチを掛けて地温を高めておくことで活着を良くす…

詳しく見る

16.05.18

[そ菜]

 いよいよ露地野菜の定植本番を迎えました。昨年は4月下旬から5月上旬にかけて高温干ばつ傾向であり、活着がしにくい年でした。例年5月は寒暖の差が大きく、気温の格差が激しい時期となります。定植して活着するまでの苗は、晩霜や低温に特に弱く、生育に悪影響がでますので注意して下さい。また、畝立・マルチ掛けは土壌水分が適当なタイミングで行い、定植1週間前までにはマルチを掛けて地温を高めておくことで活着を良くす…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop