ホーム > 営農情報 > そ菜

営農情報

17.05.07

[そ菜]

 いよいよ露地野菜の定植本番を迎えました。5月は寒暖の差が大きく、定植して活着するまでの苗が霜や低温に当たると、生育に悪影響がでますので注意して下さい。定植前には苗を外気に当て、慣らしましょう。畝立・マルチ掛けは土壌水分が適当な時期に行い、地温を高めておく事も活着を良くするポイントです。 アスパラガス 5月中〜下旬頃には、アスパラガスの定植苗が配苗となりますので、圃場の準備を行って下さい。 定植初…

詳しく見る

17.04.11

[そ菜]

 ジュース用トマト、スイートコーンの圃場準備、育苗管理が始まります。ここ 2年ほど 4月中旬から5月上旬にかけて、霜の害が発生していますので、育苗中や定植後の管理には十分注意して下さい。 圃場準備(トマト、コ―ン共通) 3月中も圃場に入れない日が多く、堆肥散布等遅れている方もいると思います。圃場に入れるようになりましたら、堆肥は早めに散布し、土となじませておきましょう。基肥散布後の耕起は、土が細か…

詳しく見る

17.03.04

[そ菜]

玉ねぎの管理について(追肥、防除、除草) 先月より追肥時期に入っておりますので、今後もしっかりと追肥作業を行い収量と品質の向上を図りましょう。  今後の天候次第(気温15℃前後の多雨条件)では、べと病等の発生が予測されます。べと病は大量発生させてしまうと収穫物が全く無くなってしまう可能性もあります。必ず予防防除を心掛けましょう。  雑草の発生が多い圃場が見られます。麦後に作付をされた圃場では麦の発…

詳しく見る

16.11.14

[そ菜]

タマネギの管理について タマネギの定植作業も概ね終了したかと思います。圃場によっては草が多く出てしまう場所もありますので、越冬前にしっかりと抑えるように心掛けてください。 ・コンボラル粒剤 10a当り6? ・ゴーゴーサン乳剤30 10a当り500ml ・ゴーゴーサン細粒剤F 10a当り6? ・ボクサー乳剤 10a当り500ml ※コンボラルとゴーゴーサンは同一成分を含むので重複使用できません。使用…

詳しく見る

16.10.14

遊休ハウスで小松・菜ほうれん草栽培 [そ菜]

 育苗ハウスなど冬場利用しない施設での栽培ができ、品目としても比較的作りやすく、販売単価が決まっているため安定した収入が見込めます。軽量品目のため、どなたでも管理、収穫が可能です。 【品種】ほうれん草:アトラス【特性】草勢旺盛、株張り、株揃い良い    低温気の生育旺盛【発芽温度】15℃〜20℃      25℃以上発芽率低下【生育適温】15℃〜20℃      25℃以上にしない【収穫時期】播種…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop