ホーム > 営農情報 > そ菜

営農情報

11.08.09

玉ねぎを作りましょう [そ菜]

 玉ねぎは価格保証があり、作りやすい品目です。9月は播種時期になります。播種は定植から逆算して55日から60日前が適期です。作業が適期に行えるように今月から播種準備をしておきましょう。 1、苗床作り(上床とする)・雑草対策(畑地1年生)には土壌消毒剤NCS30倍液(水10Lに333ml)を使用し播種30日 前までにジョウロなどで土壌表面に均一に散布して、ビニール等で7日から10日程度被覆した後、ガ…

詳しく見る

11.07.05

梅雨時期の栽培管理 [そ菜]

 病気・病害の発生しやすくなる時期です。果菜類・根菜類ともに梅雨から梅雨明けにかかる7月は病気・病害の発生しやすくなる時期です。予防対策は作物を常に観察して早く被害を見つけ出し対処することです。 特に降雨前散布を基本に、予防効果のある薬剤を早め早めに散布すると効果的です。また、梅雨明け後はダニの発生が増えるので発生初期の防除をお願いします。 農薬散布の際は、農薬のラベルを確認して、使用方法を守った…

詳しく見る

11.06.07

梅雨時期の栽培管理 [そ菜]

 梅雨の時期を迎え雨や曇りの日が多くなり、水はけの良くない圃場では、病気の発生、湿害がらの根腐れ等、生育障害も発生しやすくなります。・排水・湿害対策 長雨や豪雨に備え、圃場に溝を掘り畝間に雨水がたまらないよう排水対策を整えましょう。圃場に水がたまると根の働きが悪くなり、生育の遅れや病気に対する抵抗力が低くなります。作物が弱ったら液肥を散布し、回復を促します。 また、マルチなどをしていない圃場は、降…

詳しく見る

11.05.12

霜や低温にご注意下さい [そ菜]

 5月に入り、露地野菜の定植時期が本番を迎えました。5月はまだまだ寒暖の差が大きく、天候により気温の格差が激しい時期です。 定植から活着までの苗は、霜や低温に特に弱く生育に悪影響がでますのでご注意下さい。 定植前には苗を外気に当て、耐寒性を高めて下さい。畝立・マルチ掛けは土壌水分が適当な時期に行い、また定植の1週間前までには マルチを掛け地温を高めておく事も活着を良くする為には重要です。○アスパラ…

詳しく見る

11.04.08

スイートコーンの作付面積の拡大をお願いします。 [そ菜]

 いよいよ4月は本格的な農作業の開始時期となります。今後の圃場計画を立てる中で是非スイートコーンの作付面積の拡大をお願いします。 播種時期は4月25日から7月中旬までです。4月中の播種は、遅霜の心配がありますので十分な霜対策をお願いします。スイートコーンは収穫適期の幅が狭いため、3〜4日で収穫出来る面積を1回の播種面積とし、収穫労力を考慮した計画的な作付けをお願いします。 施肥はJAの施肥基準を参…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop