ホーム > 営農情報 > そ菜

営農情報

12.10.11

ハウスでほうれん草・小松菜の栽培を [そ菜]

《メリット》・育苗ハウスなど冬場利用しない施設での栽培が出来ます。   ・作りやすい品目で、販売単価が決まっていますので、安定した収入が見込めます。 ・軽量品目ですので、老若男女問わず栽培が出来ます。 ◎栽培体系 ハウス栽培は、灌水が発芽とその後の生育に重要です。灌水水ホースなど水管理が行いやすい様にして、は種後、パオパオで被服をして生育が揃うように栽培をして下さい。又、施肥についても、…

詳しく見る

12.09.15

タマネギ育苗管理について [そ菜]

 今月の上旬は「甘70」や「ネオアース」の種播時期になります。播種後の育苗管理が収量・品質に大きく影響しますので、健苗作りに勤めてください。 ・育苗管理 種播きから一週聞程度で発芽しますが、発芽するまでの間は乾燥しないようこまめに灌水し発芽率を高め、生育を揃えましょう。 7割程度発芽してきたら、夕方の涼しい時に被覆資材を除去します。この時、釣針状になった芽が被覆資材に引っ掛かりやすいので…

詳しく見る

12.08.13

玉ねぎを作りましょう [そ菜]

 玉ねぎは価格保証があり、作りやすい品目です。9月は播種時期になります。播種は定植から逆算して55日から60日前が適期です。作業が適期に行えるように今月から播種準備をしておきましょう。 1.苗床作り  排水対策の為、10?以上の高畦とします。 2.肥料(坪当たり)  苗床用に1坪当たり完熟堆肥10kg、アヅミン苦土石灰1kg、IBそさい苗床肥料1kg、BM重焼リン200gを施肥…

詳しく見る

12.07.12

病気・病害の発生しやすくなる時期です [そ菜]

 果菜類・根菜類ともに梅雨から梅雨明けにかかる7月は病気・病害の発生しやすくなる時期です。 予防対策は作物を常に観察して早く被害を見つけ出し対処することです。特に降雨前農薬散布を基本に、予防効果のある薬剤を早め早めに散布すると効果的です。農薬散布の際は、農薬のラベルを確認して使用作物・適用病害虫・希釈倍率・使用時期使用回数・散布量の使用方法を守った使用をお願いします。また、隣地・隣接作物…

詳しく見る

12.06.11

定植3年目以降のアスパラガスの管理 [そ菜]

 今月は、アスパラガス定植3年目以降の方の、収穫の打ち切り判断をする時期です。収穫の打ち切りは、次の目安により総合的に判断して下さい。(一つの事項での判断は、出来ません。)特に本年度は、収穫始まりが遅かったので、出来る限り立茎を遅らせ収穫をお願いします。 立茎の目安〇圃場全体を見て立茎させるのではなく、株毎の状態を見て順次立たせて下さい。〇若茎の頭部が開き易くなったり、細い茎が多くなった時。〇一日…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop