ホーム > 営農情報 > そ菜

営農情報

13.09.10

[そ菜]

 今月は、タマネギの播種時期となります。例年に比べて9月は平均気温が高い予想となっております。 播種につきましては、平年9月1日〜9月10日間での指導となっていますが、秋の気温を考慮しながら、播種時期の調整をしましょう。 播種が早すぎると大苗になり抽台しやすくなりますし、遅過ぎる播種をした場合、収穫時に小玉になってしまうなど減収に繋がりますので、適期播種をお願いします。苗の出来が収穫の出来に影響を…

詳しく見る

13.08.13

[そ菜]

そ菜   8月中は高温干ばつが予想されています。夏野菜の出荷もピークを迎えますが、加工トマトやスイートコーン・キュウリ等まだまだ出荷のあるものに関しては、あまりにも雨が降らないようなら、朝夕の涼しい時間に畝間潅水をお願いします。ただし一度に多量の水を与えますと根を痛める原因となりますのでご注意下さい。 来月はタマネギや赤カブといったような秋作物の播種時期となります。秋の台風や秋雨等もあり…

詳しく見る

13.07.16

病気・病害の発生に注意をお願いします [そ菜]

   果菜類・根菜類ともに梅雨明けとなる7月は病気・病害虫が発生しやすくなる時期です。防除のポイントは、病害虫の発生を予測して早めの予防防除に徹することです。そのためには、こまめに作物を観察し、作物の変化に早く気づくことが重要です。また、農薬散布の際は、対象病害虫に効果があることを確認して、使用方法を守って使用して下さい。 本年度は、年明けより2月の低温、3月の高温、4月から5…

詳しく見る

13.06.05

アスパラガス3年目以降の収穫打切りの判断と管理について [そ菜]

今月は定植3年目以降の方の収穫打切りを判断する時期です。圃場全体を見て判断するのではなく、株毎の状態を見て順次、立茎を行って下さい。  立茎の目安 〇若株の頭部が開き易くなったり、細い茎が多くなった時。〇1日当たりの出荷量が、その年の最高収穫時の3割以下まで低下した時。〇L級以下の重量比率が4割程度に低下した時。 収穫束数による目安は、定植3年目で3000束程度。4年目で4000束程度。5年目以降…

詳しく見る

13.05.13

霜や低温にご注意ください  [そ菜]

 5月に入り、露地野菜の定植本番時期を迎えました。5月は気温の較差が激しい時期ですので、定植してから活着までの苗は、霜や低温に特に弱く、生育に悪影響がでますので注意して下さい。 定植圃場は施肥・潅水後、土壌水分条件の良い時にマルチを張り、あらかじめ地温を高めておくと活着がよくなります。また、定植は穏やかな日を選び行いましょう。 ○アスパラガス(新植) 5月中〜下旬には、アスパラガスの苗が配布されま…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop