ホーム > 営農情報 > そ菜

営農情報

22.09.30

[そ菜]

『ほうれん草・小松菜の栽培』 10月下旬から11月にかけて播種時期となります。育苗ハウスなど冬場使用しない施設での栽培ができ、契約品目であり販売単価が決まっています。軽量品目でありますのでどなたでも栽培しやすい品目です。玉ねぎ 10月下旬から11月にかけて定植時期となります。ここ数年は、異常気象により定植時期に長雨になりやすいため、排水の悪い圃場は高畦にし、病気の被害を受けにくくしましょう。 また…

詳しく見る

22.09.30

[そ菜]

『ほうれん草・小松菜の栽培』 10月下旬から11月にかけて播種時期となります。育苗ハウスなど冬場使用しない施設での栽培ができ、契約品目であり販売単価が決まっています。軽量品目でありますのでどなたでも栽培しやすい品目です。玉ねぎ 10月下旬から11月にかけて定植時期となります。ここ数年は、異常気象により定植時期に長雨になりやすいため、排水の悪い圃場は高畦にし、病気の被害を受けにくくしましょう。 また…

詳しく見る

22.07.29

[そ菜]

 夏野菜の収穫が本格化しています。今年は高温干ばつ傾向で、土壌水分が不足している状況です。出荷中の加工トマトやスイートコーン、きゅうりなどについては、朝夕の涼しい時間に畝間潅水をお願いします。 ただし一度に多量な水を与えますと、根を痛める原因となりますのでご注意ください。玉ねぎ 播種は定植から逆算して55〜60日前が適期です。今後の作業が適期に行えるように今月中に播種の準備をお願いします。主な品種…

詳しく見る

22.05.25

[そ菜]

 梅雨の時期を迎え、降雨や曇天の日が多くなります。水はけの悪い圃場では、病気や湿害により、生育障害が発生しやすくなりますので、圃場の管理には注意をしましょう。◎排水・湿害対策 長雨や豪雨の被害に備え、圃場に溝を掘り排水対策をしましょう。圃場に雨水が溜まると根の働きが悪くなり、生育障害や病気に対する耐性も低くなります。障害を受けた作物には、液肥を散布し、回復を促します。  また、マルチ等をしていない…

詳しく見る

22.04.21

[そ菜]

 5月は露地野菜の定植最盛期となります。既に定植の終わっている方もおられると思いますが、早めにマルチをし、地温の確保に努めて下さい。マルチを張るにあたっては、施肥後、土壌水分を確認した後に張ってください。ジュース用トマト・定植は5月20日を目標に終わらせましょう。それ以降の定植は、減収の原因となります。・土入れは、マルチの上に葉が5〜6枚出てきたところで行なって下さい。 ・ホルモン剤処理は、第1花…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop