ホーム > 営農情報 > 果樹

営農情報

16.02.19

[果樹]

 2月は剪定作業が集中します。計画的に作業を進めて下さい。春はすぐにやって来ます。 1、剪定のポイント ?樹全体に、どの枝にも十分日が当たるようにする事。?防除薬剤がまんべんなく到達するようにする事。?管理作業が容易に行なえる事。?品質のよい果実を安定して生産できる良い花芽を確保すること。 2、園内を明るく  上枝が大きすぎたり、側枝が重なっている場合は、日当たりや風通しが悪く着色不良、薬剤の付着…

詳しく見る

16.01.19

新たなる年を迎えて [果樹]

  新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。 さて、新たな年が始まりますが、昨年の栽培を振返り、何が問題だったか検討し、改善すべき点を明確にして本年の栽培をスタートさせましょう。 1.整枝・剪定作業 果樹栽培では、これから3月末頃迄に行われる剪定作業が重要な作業となります。以前ある人に「果樹栽培の計は剪定にあり」と言われた事ありますが、その通りだと思っています。…

詳しく見る

15.12.19

本年度の栽培管理をふりかえって [果樹]

  12月に入り、ふじの収穫作業も終了し、選別・集荷・販売を残すだけとなりました。 今年の果樹栽培は、夏場の高温による日焼け果の発生や10月上旬の強風による落果やスレ果の発生などあり、年々温暖化の影響により栽培面で苦慮した年でした。 今月の作業は、来年度に向けてのスタートとなりますので、基本作業を実施しましょう。 『基肥の施用』 ・施用量は果樹施肥基準を参考にし、樹勢や今年度の生産状況を…

詳しく見る

15.12.19

本年度の栽培管理をふりかえって [果樹]

  12月に入り、ふじの収穫作業も終了し、選別・集荷・販売を残すだけとなりました。 今年の果樹栽培は、夏場の高温による日焼け果の発生や10月上旬の強風による落果やスレ果の発生などあり、年々温暖化の影響により栽培面で苦慮した年でした。 今月の作業は、来年度に向けてのスタートとなりますので、基本作業を実施しましょう。 『基肥の施用』 ・施用量は果樹施肥基準を参考にし、樹勢や今年度の生産状況を…

詳しく見る

15.11.19

晩生種の適期収穫と秋冬管理 [果樹]

◎晩生種の収穫期です適期収穫に心がけましょう。 王林は、ガクア部周囲が黄緑色になり、果点が浮き出た物から収穫を行います。この14日頃までに収穫が終わるように進めてください。 ふじは、ガクア部周囲の地色が抜けて、『アメ色』となった果実より収穫を行います。日当たりの良い上部や外側に面したところから収穫して下さい。 中旬以降、冬型となり果実が凍結しやすく品質低下につながりますので、この30日頃までに収穫…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop