ホーム > 営農情報 > 果樹

営農情報

15.12.19

本年度の栽培管理をふりかえって [果樹]

  12月に入り、ふじの収穫作業も終了し、選別・集荷・販売を残すだけとなりました。 今年の果樹栽培は、夏場の高温による日焼け果の発生や10月上旬の強風による落果やスレ果の発生などあり、年々温暖化の影響により栽培面で苦慮した年でした。 今月の作業は、来年度に向けてのスタートとなりますので、基本作業を実施しましょう。 『基肥の施用』 ・施用量は果樹施肥基準を参考にし、樹勢や今年度の生産状況を…

詳しく見る

15.11.19

晩生種の適期収穫と秋冬管理 [果樹]

◎晩生種の収穫期です適期収穫に心がけましょう。 王林は、ガクア部周囲が黄緑色になり、果点が浮き出た物から収穫を行います。この14日頃までに収穫が終わるように進めてください。 ふじは、ガクア部周囲の地色が抜けて、『アメ色』となった果実より収穫を行います。日当たりの良い上部や外側に面したところから収穫して下さい。 中旬以降、冬型となり果実が凍結しやすく品質低下につながりますので、この30日頃までに収穫…

詳しく見る

15.10.19

適期収穫とふじの着色管理 [果樹]

 りんごの中生種と梨・ぶどうが収穫期から終盤を迎えて来ております、遅れないよう適期に収穫をしましょう。尚、終了した品種・品目は、来年にむけて、礼肥・病害虫防除を実施しましょう。 ☆りんご シナノスイートを中心に中生種の収穫期ですので適期収穫に心がけましょう。 ふじは、着色管理の時期です、葉摘み・玉回しを行うと共に、徒長枝切りや枝吊り等を行い着色増進に努めましょう。月末より王林・ふじの収穫となります…

詳しく見る

15.09.19

適期収穫に努めましょう [果樹]

 いよいよ果実収穫期本番となってまいりました。良質な品質を保ち適期収穫に備えましょう。 ☆りんご  つがるの収穫も終盤となります。ガクア部に地色が残っている内に収穫をして下さい。後半は硬度が下がりボケ易くなりますので注意しましょう。収穫後に礼肥を実施しましょう。  中・晩種の収穫、収穫前管理が始まりますので、陽光面に着色している果実より葉摘み等の着色管理を始め、徒長枝切りや枝吊…

詳しく見る

15.08.19

収穫前管理と適期収穫を [果樹]

 収穫前の管理は着色を中心とした品質向上に重点な役割を果たしますので、怠ることのないように行いましょう。圃場の状態を見ながら潅水をしたり、各品目の状態を見ながら適期収穫を行いましょう。 ☆りんご 早生品種の収穫となりますので、枝吊り・支柱立て・葉摘み・玉回し等の収穫前管理を行い適期収穫に努めましょう。 見直し摘果(樹上選果)を行い、変形果や肥大不良を摘果しましょう。 ☆な し 見直し摘果(樹上選果…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop