ホーム > 営農情報 > 果樹

営農情報

16.04.16

健全な花を咲かせ優良な果実を [果樹]

 今月は発芽や展葉、開花と樹園地内がにぎやかくなります。無駄花を咲かせず健全な花を咲かせ、優良な果実生産のためにも摘蕾や花摘みを遅れないように実施しましょう。 また、防除のタイミングと散布量に注意し病害虫防除を実施して下さい。 りんご・わい化樹の側枝誘引・黒星病、ハマキムシ等の適期適正防除・訪花昆虫、人工授粉の準備と実施・粗皮削りとフラン病の点検・花摘みの実施 なし・棚付けと芽すぐり、芽たたきの実…

詳しく見る

16.03.17

剪定の見直しと発芽前の管理を [果樹]

  今月は剪定作業の仕上げの月となります。雪の影響で剪定が遅れている方は、3月中に遅れを取り戻しましょう。 また、剪定作業が一通り終了次第、誘引(上下、左右)や剪定の見直し、発芽前の管理を遅れないように進めましょう。 りんご?剪定の見直しを行い、どの枝に も日光が当たるか確認しましょ う。併せて誘引も必ず実施しま しょう。(若木の誘引も忘れな いように)?苗木の植え付け準備と定植?野鼠対…

詳しく見る

16.02.19

[果樹]

 2月は剪定作業が集中します。計画的に作業を進めて下さい。春はすぐにやって来ます。 1、剪定のポイント ?樹全体に、どの枝にも十分日が当たるようにする事。?防除薬剤がまんべんなく到達するようにする事。?管理作業が容易に行なえる事。?品質のよい果実を安定して生産できる良い花芽を確保すること。 2、園内を明るく  上枝が大きすぎたり、側枝が重なっている場合は、日当たりや風通しが悪く着色不良、薬剤の付着…

詳しく見る

16.01.19

新たなる年を迎えて [果樹]

  新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。 さて、新たな年が始まりますが、昨年の栽培を振返り、何が問題だったか検討し、改善すべき点を明確にして本年の栽培をスタートさせましょう。 1.整枝・剪定作業 果樹栽培では、これから3月末頃迄に行われる剪定作業が重要な作業となります。以前ある人に「果樹栽培の計は剪定にあり」と言われた事ありますが、その通りだと思っています。…

詳しく見る

15.12.19

本年度の栽培管理をふりかえって [果樹]

  12月に入り、ふじの収穫作業も終了し、選別・集荷・販売を残すだけとなりました。 今年の果樹栽培は、夏場の高温による日焼け果の発生や10月上旬の強風による落果やスレ果の発生などあり、年々温暖化の影響により栽培面で苦慮した年でした。 今月の作業は、来年度に向けてのスタートとなりますので、基本作業を実施しましょう。 『基肥の施用』 ・施用量は果樹施肥基準を参考にし、樹勢や今年度の生産状況を…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop