ホーム > 営農情報 > 果樹

営農情報

20.02.04

[果樹]

自家用果樹の剪定 今回は自家用果樹でよく問い合わせを頂く3品目の剪定について解説します。【共通事項】・どの枝にも十分日光が当たるように意識する。・作業がしやすい樹形を意識する。(樹を高くしすぎないなど)・どの枝にも防除薬液がかかることを意識する。ブルーベリー 新梢先端付近のぷっくりした芽が花芽、側面の小さな三角形の芽が葉芽です。伸ばす予定の新梢は花芽部分を剪除して下さい。また、10?未満の新梢には…

詳しく見る

20.01.07

[果樹]

 春からの作業に向けて本年このコーナーを担当させて頂きます小林です。よろしくお願いします。 果樹は剪定から収穫まで1年をかけて栽培するものになるため、作業を計画的に進めて、安定生産・高品質生産を目指しましょう。〇整枝剪定作業 果樹の整枝剪定作業は、管理効率や果実品質、収量に大きく関わる大切な作業です。作業は次の点に注意して進めて下さい。?樹全体を観察し、作業の妨げになる枝や極端に太い枝がないか確認…

詳しく見る

18.05.15

[果樹]

大玉生産に向けて予備摘果作業の実施を 本年は春先の高温により生育が早まっていますので、各作業のタイミングを逃さないよう作業の遅れに注意してください。 結実が確定した直後の数週間が細胞分裂期(果実の細胞が増える時期)にあたります。早期に摘果を実施し、果実の細胞を増やすことが、大きな果実を実らせるのにはとても重要なことになります。また、夏には花芽の分化が決まってしまいます。果実をならせ過ぎてしまいます…

詳しく見る

18.04.15

[果樹]

開花前の準備と管理作業の実施を4月に入り各品種が発芽を迎え、開花の季節も目前となってきました。この季節はまだ葉っぱも十分になく、前年に貯めた養分を消費しながら生育していますので、貯蔵養分を無駄にしない様に花摘みや摘蕾などの作業を行ってください。また、凍霜害対策や結実確保に向けた人口受粉や訪花昆虫の準備などを行ってください。枝の誘引作業などが終わっていない圃場では、今後の作業が効率的に進められるよう…

詳しく見る

18.03.15

[果樹]

剪定の見直しと発芽前の管理を3月に入り、剪定シーズンも終盤となります。次の作業に入る品目も含め、作業が遅れてしまわないように計画的に進めてください。りんご 剪定の見直しと誘引作業を実施してください。あわせてフラン病の点検も行い、被害樹を見つけた場合は早急に処置し感染の拡大を防いでください。越冬病害虫防除の効率を上げるために粗皮削りも行ってください。梨剪定の見直しの実施を行うのはもちろんですが、誘引…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop