ホーム > 営農情報 > 果樹

営農情報

17.10.17

[果樹]

適期収穫とふじの着色管理作業  りんごの中生種、梨、ぶどうが収穫終盤を迎えます。収穫遅れにならないよう適期収穫を心掛けましょう。 また、収穫が終了した品目・品種では、来年に向けて「果樹土壌分析」を活用し施肥を行って下さい。 りんご 「シナノスイート」「シナノゴールド」など、中生種の収穫作業が続きます。品種ごとの成熟特徴(外観、食味、品質)を確認し適期収穫に努めましょう。 ふじは、着色管理作業が続き…

詳しく見る

17.09.17

[果樹]

適期収穫に心がけましょう 今月は、りんごを始めとして、梨、ぶどうの収穫作業が続きます。品種ごとの成熟特性(外観、食味、品質)を確認し、適期収穫を心がけましょう。 りんごつがるの収穫が終盤を迎えます。収穫期の後半は果実の硬度が下がり、柔らかくなりますので、収穫遅れにならないように注意しましょう。つがるの収穫が終了した園では、礼肥を施用して下さい。中・晩生種は収穫前管理が始まります。葉摘み作業の前に徒…

詳しく見る

17.08.17

[果樹]

適期収穫を心がけましょう  8月は平年と比べ気温が高い予想がされているため、特に日焼けの発生に注意した収穫前管理と適期収穫に努めましょう。 また、土壌の乾燥が日焼けを助長するため、しばらく降雨が見られない場合は早めに潅水を行いましょう。 りんご 見直し摘果(樹上選果)を行い、変形果や肥大不良果を摘果し品質を揃えましょう。 早生種の収穫期となりますので、枝吊り、支柱立て、葉摘み、玉回し等の収穫前管理…

詳しく見る

17.07.10

[果樹]

適正着果量を心がけましょう  5月31日に発生しました降ひょうにより、打痕や裂傷などの果実被害が見られます。地域によって被害状況に差が見られますが、この時期の障害は収穫時には目立たなくなる場合もありますので、できる限り障害の軽いものを残し適正着果量を確保する様に心がけましょう。  予備摘果、仕上げ摘果と進めて来た作業も終盤となります。仕上げ摘果終了後は、再度園地を見回る見直し摘果を行いましょう。 …

詳しく見る

17.06.07

[果樹]

▲縦長で整形な肥大がよいものを残します

▲縦長で整形な肥大がよいものを残します

果実品質を決めていくための重要な作業時期です。  今月は、より良い果実を選び着果量の調整をしていくための「仕上げ摘果」の作業時期となります。本年は凍霜害の影響も少なく全体的に着果量が多いため、摘果作業の遅れから小玉傾向にならないようにしましょう。 りんご 5月から行っている予備摘果を早期に終わらせ仕上げ摘果に移りましょう。仕上げ摘果作業は7月上旬(満開後60日)を目途に終わるように計画的に進めてく…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop