ホーム > 営農情報 > 果樹

営農情報

11.05.12

大きな果実を生らせる為に予備摘果を [果樹]

 果樹も開花期を迎えました。花の時期が終わればいよいよ摘果作業のシーズンとなります。摘果には果実の肥大を促すだけではなく、来年の花芽を確保する意味もあります。しっかりと摘果をして、形の良い大きな実に育てましょう。 今月の主な作業1、りんご 予備摘果の時期となります。花が散り、ガク立ちが確認できたら作業適期となります。りんごは1箇所から5〜6つの花を咲かせ実を付けますので、その中から一番育ちの良いひ…

詳しく見る

11.04.08

摘蕾・摘花作業を施しましょう。 [果樹]

 4月になり、各種果樹が開花の時期を迎えます。貯蔵養分を無駄なく活用し今後の作業効率を良くするためにも、摘蕾・摘花作業を施しましょう。 また、開花前にはツツハナバチなどの訪花昆虫が飛び回り始めます。影響が無い様に除草剤や農薬を散布する際は種類や散布タイミングに注意して下さい。  今月の主な作業 1、りんご 樹が水を吸い上げ活動を始める時期です。2月号でご説明したシナノゴールドなど、枝の堅い品種を誘…

詳しく見る

11.03.10

剪定の見直しと発芽前管理 [果樹]

 3月に入り、いよいよ樹も目を覚まし始める時期となります。樹への負担を少なくするためにも、発芽前までには剪定や誘引が終了するように作業を進めましょう。  ☆今月の主な作業 1、りんご 剪定を見直し、作業性や日の当たり具合、また枝の垂れ具合などを確認しましょう。枝が重なり合っている箇所は誘引をし、日当たりを調節して下さい。また、この時期は葉が無いため、幹や枝の表面を細かく観察できるので、腐乱病を見つ…

詳しく見る

11.02.08

果実良品生産に向けた剪定・誘引について [果樹]

 剪定作業も忙しくなってきました。果樹の品目によって剪定に適した時期が異なりますので、順番を考え、後で慌てないよう気をつけましょう。 ☆今月の主な作業1、剪定・誘引作業 果樹は品目・品種によって剪定のやり方が異なり、同じ品種でも剪定次第で諸作業の効率や果実の品質に違いが出ます。次の注意点に気をつけ、剪定を進めて下さい。?りんご 枝の上・下側から出た枝は使いづらいため切り取ります。また、品種により先…

詳しく見る

11.01.12

次年度の生産に向けた準備を [果樹]

 次年度の果実生産に向けての基礎を整えていく時期となります。昨年の生産を振り返り、問題があった部分については今から改善に向けて準備を進めていきましよう。○今月の主な作業1.剪定・誘引作業 樹形を整える剪定と誘引は、樹が休眠状態になっているこの時期から始めて下さい。 次の部分に気をつけながら作業を進めましょう。?樹全体に日光が当たるようにする 樹全体に日光が当たるようにすると、着色など果実の品質も揃…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop