ホーム > 営農情報 > 果樹

営農情報

15.04.13

剪定の見直しと発芽前管理 [果樹]

今月は、芽吹きから始まり各品目の開花の時期となります。無駄な花を咲かせず健全な花を咲かす為の「摘蕾・花摘み」を行いましょう。また、防除のタイミングと散布量に注意し病害虫防除を実施して下さい。 りんご・ワイ化樹の側枝の誘引・訪花昆虫と人工授粉の準備と実施・フラン病の点検と黒星病等の適期適正防除・花摘みの実施 なし・棚付けと芽すぐり・芽たたきの実施・訪花昆虫と人工授粉の準備と実施・黒星病・黒斑病等の適…

詳しく見る

15.03.17

[果樹]

剪定の見直しと発芽前管理  温暖化の影響により平年より気温の高い日が続いており、剪定作業・発芽前管理などが遅れないように進めましょう ○りんご 樹全体に、どの枝にも充分日が当っているか、もう一度剪定の見直しをして下さい。合せて誘引作業も忘れず実施しましょう。 また、腐乱病の点検も合せて実施し、被害樹を見つけ次第早期に処理を行い感染が拡大しないようにして下さい。 ○なし 剪定作業の見直しはもちろん、…

詳しく見る

15.02.17

[果樹]

  果実作りの基本となる剪定作業が集中します。剪定作業の目的を理解して、計画的に作業を進めましょう。1、整枝・剪定作業のポイント?どの枝にも日が当るとと ?どの枝にも薬液が到着すること ?管理作業が容易にできること ?品質良い果実が生産できる花芽確保すること 2、その他の管理?誘引作業樹形の乱れは、生産力の低下を招きますので、剪定作業と合せ実施して下さい。?切り口の保護剪定後、切り口か…

詳しく見る

15.01.19

新たなる年を迎えて [果樹]

  新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。 さて、新たな年が始まりますが、昨年の栽培を振返り、何が問題だったか検討し、改善すべき点を明確にして本年の栽培をスタートさせましょう。 1.整枝・剪定作業 果樹栽培では、これから3月末頃迄に行われる剪定作業が重要な作業となります。以前ある人に「果樹栽培の計は剪定にあり」と言われた事ありますが、その通りだと思っています。…

詳しく見る

15.01.17

[果樹]

『今年度の反省と来年度の栽培に向けて』 平成27年がスタートし、果樹栽培において安定生産に向けての基礎づくりの月となります。新しい品種の導入や低位生産園等は改植・新植の検討して下さい。 1.整枝・剪定作業 果樹の剪定作業は、良い品質の果実を生産するためには大切な作業であり、今後の管理作業面でも必要です。   剪定作業にあたり次の点と樹勢に応じて実施ししましょう。 ?どの枝にも日が当る事 ?どの枝に…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop