ホーム > 営農情報 > 果樹

営農情報

14.09.15

適期収穫に努めましょう [果樹]

 9月に入ると、りんごは中生種、梨・ぶどう・プルーンは晩生種の収穫期に入ります。 着色や成熟状況を把握し適期収穫に努めて下さい。   りんご  つがるの収穫が終了した園では礼肥を施用して下さい。中生種は、着色管理並びに収穫期となります。  葉摘み玉回しの作業と品種毎の適期収穫に努めて下さい。また今月下旬よりふじの着色管理の時期となります。  徒長枝切り、枝吊り、支柱立…

詳しく見る

14.08.14

収穫前の管理と適期収穫に努めましょう [果樹]

 8月に入り、多くの早生種の収穫が始まっています。収穫がこれから始まる品目・品種については収穫前の管理を行い安定生産に努めて下さい。  りんご 見直し摘果を再度実施して下さい。本年の果実肥大は、平年を若干下回っています。特に晩生種のふじを中心に小玉果を残さないよう見直し摘果を行い大玉生産に努めて下さい。 また早生品種のシナノレッド・夏明・つがるの収穫が始まりますので遅れないよう適期収穫と…

詳しく見る

14.07.10

[果樹]

  今月は着果量を見直す大切芯時期です。品質の良い果実が生産出来るよう作業を進めて下さい。  また、各部会にて着果点検を行いますので、必す参加して下さい。 りんご  樹勢に応じた着果量とし、見直し摘果は果実肥大と果形が良い果実を優先に残し品質の良い果実で揃えて下さい。 梨  小玉・変形果・障害果を取り除く補正摘果を引き続き行って下さい。  …

詳しく見る

14.06.11

仕上げ摘果で大玉生産を [果樹]

  果樹の生育は、概ね平年並みで推移していますが、各作業は遅れないよう進めて下さい。 りんご 仕上げ摘果終了の目安は、満開後60日以内です。7月6日頃を目標に進め下さい。 梨 変形果・小玉果等の補正摘果を6月〜7月初旬の期間に実施して下さい。 桃 仕上げ摘果を満開後50日頃までに終了するよう実施して下さい。 プルーン 仕上げ摘果を満開後50〜60日頃に実施。収穫時に果実と果実が当たらない…

詳しく見る

14.05.14

大玉生産に向けての管理 [果樹]

 摘果作業は品質の良い果実を生産する為の重要な作業となります。 目的としては果実の大きさ・果形・果実品質等を揃える事と来年の花芽の確保、隔年結果防止を目的としています。また、防除についても大切な時期となります。防除は、使用基準と使用方法を厳守し、また農薬飛散防止にも努めて下さい。  りんご 1果そう1果とした予備摘果の実施。管理終了の目安は、満開後30日以内です。 梨  各品種の特性…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop