ホーム > 営農情報 > 果樹

営農情報

22.09.30

[果樹]

『適期収穫とふじの着色管理作業』  りんごの中生種、梨、ぶどうが収穫終盤を迎えます。収穫遅れにならないよう適期収穫を心掛けましょう。また、収穫が終了した品目・品種では、来年に向けて「果樹土壌分析」を活用し施肥を行って下さい。りんご 「シナノスイート」「シナノゴールド」など、中生種の収穫作業が続きます。品種ごとの成熟特徴(外観、食味、品質)を確認し適期収穫に努めましょう。 ふじは、着色管理作業が続き…

詳しく見る

22.05.25

[果樹]

果実品質を決めていくための重要な作業時期です 今月は、より良い果実を選び着果量の調整をしていくための「仕上げ摘果」の作業時期となります。本年は凍霜害の影響も少なく全体的に着果量が多いため、摘果作業の遅れから小玉傾向にならないようにしましょう。りんご 5月から行っている予備摘果を早期に終わらせ仕上げ摘果に移りましょう。仕上げ摘果作業は7月上旬(満開後60日)を目途に終わるように計画的に進めてください…

詳しく見る

22.04.21

[果樹]

『大玉生産に向けて予備摘果の実施を』 今月は、落花期が過ぎると予備摘果の実施時期となります。高品質果実の生産や来年度の花芽形成に繋がる重要な作業です。 本年は、平年と比べ生育がやや遅れて経過していますが、予備摘果の早晩が果実肥大に大きく影響しますので、作業が遅れないように心掛けてください。また、防除も遅れないよう適期に実施しましょう。りんご 「がく立ち」を確認後、予備摘果(一輪摘果)を始め満開後3…

詳しく見る

22.02.25

[果樹]

▲りんご※粗皮削り後の台木部

▲りんご※粗皮削り後の台木部

剪定の見直しと発芽前管理を この冬は寒暖の差が大きく、12月は暖冬で経過しましたが、1月は平年並みの気温で経過していますので、今後の生育に注意し適期防除に努めましょう。剪定作業が遅れている方はペースを上げて発芽前までには作業が終了するよう進めましょう。りんご?剪定の見直しを行い、日当たりや防除の届きやすさを意識して誘引作業も忘れずに実施してください。?腐らん病の発生が目立ちますので、罹病樹を見つけ…

詳しく見る

21.12.23

[果樹]

【今年の生産状況を振り返り、来年の栽培に活かしましょう】 今年は、春先の凍霜害から始まり夏場の高温や大雨の影響による病気の発生など、果樹全般で甚大な減収となりました。 このような気象条件でも安定生産を行えるよう、園地の若返りにより生産力を向上させることが重要です。計画的に老齢樹の改植を進めましょう。 寒い時期となりますが、今後開催されます冬期講習会には積極的に参加しましょう。1.整枝・剪定作業 果…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop