ホーム > 営農情報 > 水稲

営農情報

11.09.13

収穫時期を迎えました [水稲]

1、落水時期 早期落水は胴割れ米の発生など品質低下を招きます。土質、出穂期により若干異なりますが、35日〜40日頃が目安です。落水後も高温が続くようなら走り水を行い、根の老化を抑えましょう。2、刈り取り準備 本年は平年並み出穂期で、刈り始めも昨年と同様になりそうです。作業が遅れないよう機械点検、準備を早めに行いましょう。3、適期収穫 刈り遅れは品質低下を招きます。収穫適期の判定は帯緑色籾歩合と登熟…

詳しく見る

11.08.09

出穂の時期の管理について [水稲]

 今月は出穂の時期となります。今後は、カメムシによる斑点米の発生、高温・乾燥による胴割れ米の発生等が心配されます。高品質米の生産に向けて以下の点に注意し、今後の管理を行いましょう。 ○水管理・胴割れ粒は米粒内の水分の急激な変化や登熟初期の高温で発生します。出穂 期の前後3週間は稲が最も水分を必要とする時期となるため、出穂20日後までは常時湛水(3?)とし、以降は落水まで間断潅水を行いましょう。また…

詳しく見る

11.07.05

穂肥の時期となります [水稲]

今月は穂肥の時期となります。散布時期を逃さないよう、適期に実施しましょう。 ◎穂肥の時期 穂肥1回目の時期は早生品種(あきたこまち、もちひかり)では幼穂長2mm(出穂23日前)コシヒカリでは幼穂長10mm以上(出穂18日前)となります。2回目の追肥はいずれの品種でも1回目の1週間後に実施しましょう。※注意点としては、田植えの時期や標高等によっては生育に差がでますので必ず水田に入って幼穂長を確認して…

詳しく見る

11.06.07

6月は分けつ最盛期となります。 [水稲]

 6月は分けつ最盛期となります。今後の稲の栄養状況と気象条件等で、分けつした茎のうち、穂になる有効分けつと穂にならない無効分けつとに分かれます。 そこで、有効分けつを早期にしっかりと確保し無効分けつを少なくしましょう。無効分けつが増えると過繁茂となり、倒伏や病害の発生を誘発し、さらには食味低下にも繋がります。○中干しについて・コシヒカリの有効係数は23〜25本程度です。分けつが一株で、18本くらい…

詳しく見る

11.04.08

今月は、播種作業・育苗管理の時期です。 [水稲]

 今月は、播種作業・育苗管理の時期です。『苗半作』という言葉があるように育苗はとても大切です。健苗育成に向けて取り組みましょう。 ?作業スケジュール(案) 近年温暖化の影響で出穂期の高温による障害(乳白粒、胴割れ粒)が発生しています。登熟期の高温を回避するためにも田植を5月の中旬目標にしましょう。 田植え日を遅らせても播種日が早ければ効果がありませんので注意しましょう。?播種量 薄まきで…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop