ホーム > 営農情報 > 

営農情報

22.09.30

そ菜

『ほうれん草・小松菜の栽培』

 10月下旬から11月にかけて播種時期となります。育苗ハウスなど冬場使用しない施設での栽培ができ、契約品目であり販売単価が決まっています。軽量品目でありますのでどなたでも栽培しやすい品目です。

玉ねぎ
 10月下旬から11月にかけて定植時期となります。ここ数年は、異常気象により定植時期に長雨になりやすいため、排水の悪い圃場は高畦にし、病気の被害を受けにくくしましょう。
 また、定植時期を逃すと根が張らず凍み抜けがおこることもありますので、早めに圃場準備を行い、適期に定植が終えるよう計画を立てましょう。

【苗取り】
 苗を取る作業では、根が切れますので苗にストレスを与えます。根を切ると植え傷みが発生し、欠株の原因になります。苗を取る前日は、潅水を行い、根はもちろん葉も傷つけないよう丁寧に掘り取りましょう。

【定植】
 植え付け本数は1aあたり約3000本前後です。深さは3冂度とし、深植えには注意が必要です。定植後の凍み上がりを防ぐため、覆土した土の上を足で鎮圧し、越冬前にしっかり根を張ることで越冬後も十分な生育量の確保をしましょう。

【除草剤の紹介】
 雑草の発生を防ぐためには、定植後に除草剤の散布を行いましょう。
 コンボラル          4〜6圈殖隠娃瓠…蠖後 1回
 ゴーゴーサン細粒剤F  5〜6圈殖隠娃瓠…蠖後又は生育期(雑草発生前) 1回

 詳しくは、各地域営農センター担当指導員へお願いします。

(穂高地域営農センター 松橋みつき)

営農情報

最近のエントリー
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop