ホーム > 営農情報 > 

営農情報

22.04.21

そ菜

 5月は露地野菜の定植最盛期となります。既に定植の終わっている方もおられると思いますが、早めにマルチをし、地温の確保に努めて下さい。マルチを張るにあたっては、施肥後、土壌水分を確認した後に張ってください。

ジュース用トマト
・定植は5月20日を目標に終わらせましょう。それ以降の定植は、減収の原因となります。

・土入れは、マルチの上に葉が5〜6枚出てきたところで行なって下さい。 

・ホルモン剤処理は、第1花房の開花期に花が3〜5花咲いたら行いましょう。注意点としては、2度がけ・高温時の散布は避けて下さい。『なつのしゅん』や『デルモンテの品種』等、ホルモン剤処理の必要無い品種もありますので品種の確認をお願いします。
 
タマネギ
・4月末〜5月中旬の旱魃は玉の肥大に繋がらず減収の原因となります。降雨が少ない場合には、灌水をこまめに行って下さい。また5月下旬以降の灌水に関しては、貯蔵中の腐敗に繋がりますので、5月下旬までには灌水を終わらせて下さい。

・4月〜5月の降雨は、『べと病』や『疫病』の原因となります。防除暦を確認した中で殺菌剤による予防防除の徹底をお願します。

アスパラガス
・5月下旬頃には注文を受けた苗が配苗となります。圃場の準備をお願いします。

・定植初年度は定植1週間前までに土作りをしましょう。施肥は10a当たり堆肥を4トン、固形35号100圈△茲Δ蠅鵤隠娃悪圈△△鼎潴酖攤性100圓鮖榿遒靴堂爾気ぁ

・畝幅は150〜180僉株間は30僂魎靄椶箸靴泙垢、圃場の条件により幅を広げ、風通しの良い植付けを行って下さい。株間は25僂泙婆植可能です。
 

 ※ご不明な点や、ご相談等ありましたら各地区営農指導員までお問い合わせ下さい。

営農情報

最近のエントリー
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop