ホーム > 営農情報 > 

営農情報

20.12.02

畜産

『家畜伝染病予防のポイント』
 高病原性鳥インフルエンザ等の家畜の伝染性ウイルスが流行り出す季節となりました。香川県では11月8日に高原性鳥インフルエンザが続発しています。
 CSF(豚熱)は、ワクチン接種はしておりますが依然として油断できない状況です。CSFは豚、イノシシの病気であり、人に感染することはありません。
 また、国内ではまだ発生はありませんが、ASF(アフリカ豚熱)もアジア諸国で発生が相次いでいます。ASFはワクチンがありません。今後ともウイルスの進入防止対策を徹底するようお願いします。

予防対策のポイント

【家畜全般】
\源左従譟扮卆鹸浜)区域へ進入する際の車両(侵入者)の消毒ポイント
(踏み込み槽・マット)の設置。・・・消毒液の定期的交換を忘れずに。
入場者等の記録簿の管理。
場内専用の服や長靴の設置。
っ楴房辺の整理整頓。
ソ估り箇所の最小限化。・・・出入り口が多数あることにより進入防止が取り辛くなる。
μ鄒呼以の侵入を防ぐ対策。

【家きん舎】
ゞ睫崚の破損箇所の修繕。
∧錨の破損箇所の修繕。
ねずみ対策としてトラップの設置。
げ箸ん舎周辺の樹木の剪定。・・・野鳥の止まり木を作らないことを目的と
します。
 
´△砲弔い討鰐酊擦笋佑困澆覆匹量鄒呼以の侵入を防止するための対策です。庭先でニワトリを飼っている皆様につきましても徹底をお願いします。
 また、むやみな野生動物、野鳥との接触は避け、死亡したイノシシ、野鳥を発見したら直接触ることはやめ、最寄の家畜保健衛生所へ相談をお願いします。

営農情報

最近のエントリー
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop