ホーム > 営農情報 > 

営農情報

18.01.15

そ菜

 新年あけましておめでとうございます。新年を迎え野菜類の播種も本格的に始まってきます。昨年の反省も踏まえ、良い生産物ができますように取り組みましょう。


 春作レタスの栽培方法について

(品種)
玉レタス:ステディー、フラグシップ
グリーンリーフ:ウォルドマンズグリーン
サニーレタス:レッドファイヤー、ニュースター

(播種時期)
 ハウス作 12月下旬〜
 露地作  1月上旬〜

(播種)
 10aあたり20〜30㎖の種子を苗箱(8〜10枚)へ播種をします。育苗箱に播種培土として、ニッピ良菜培土等を入れスジ蒔きにします。播種後は覆土を薄目にし、水をかけ、新聞紙をかぶせ上から軽く湿らせ保温します。日中は15〜20℃で保温管理をすると7日ほどで発芽します。

(仮植〜定植)
 仮植時期は本葉1.5〜2葉位になったら連結ポット(25穴)やペッパーポット(72穴等)に仮植します。日中は20℃にし、25℃以上の高温にならないように注意して下さい。潅水は、やや乾燥気味にし、乾いたら潅水するようにして下さい。(朝潅水し、夕方乾く位が目安です)。5〜6葉で定植になります。定植後はパオパオ等を掛け保温します。

(圃場準備)
 元肥(10aあたり) 
  BBN―552  140
  あづみ野土根生  100
 定植時期の3月には積雪等で圃場に入れないこともあるので、雪の無い時に早めの準備をしましょう。露地では黒有効マルチ135冑30×30×3囘を使用しましょう。
◦露地作型の場合は出荷終了後にマ ルチをそのまま利用し、スイート コーンやつるなしインゲン等の栽培をすることができます。

(収穫)
 サニーは、収穫1週間前には被覆を取り、色付けします。
 1株重が250g以上300g未満、草丈23儖未納穫になります。
 詳しくは各地域営農センターへご相談下さい。

(豊科地域営農センター 小澤史弥

営農情報

最近のエントリー
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop