ホーム > 営農情報 > 

営農情報

17.12.15

果樹

本年度の栽培を振り返り、次年度への栽培に活かしましょう

 りんご「ふじ」の収穫作業も終了を迎えました。12月は本年度の栽培状況を振り返り次年度の生産に向けて準備を始める時期となります。
 品目・品種毎に生産量や等階級比率、病害虫の発生状況などを整理する事で課題を確認し、次年度への栽培に活かしましょう。

基肥の施用
 施肥量は果樹施肥基準を参考に、樹齢や樹勢と今年度の生産状況を考慮して施用して下さい。

樹園地の整備
々濱秡阿量逎優坤濛从として、幹周りの草かきを行い、落果した果実は拾い集めて圃場内をきれいにして下さい。
△海了期の除草剤散布は、春先の雑草の発生を抑えると共に冬期間の野ネズミによる食害軽減にも繋がります。樹幹やひこばえに飛散しないよう風の穏やかな日を選び散布を行って下さい。

りんごの腐らん病防除
 落葉後、腐らん病対策として、暖かな日を選び、樹全体を洗うように薬液を散布して下さい。

その他の管理
|・トレリス等にゆるみが生じたり、古くなっている圃場では、降雪前に点検補修を行って下さい。
 ⇒茱掘璽坤鵑妨けて農機具の点検・整備を実施して置きましょう。
E牾暇瓢澆里燭瓠特に若木では主幹部の保護として、わら巻きや白塗剤の塗布を行って下さい。

詳しくは、各地域営農センター果樹指導員までお問い合わせ下さい。

(梓川地域営農センター係長 榑沼友和

営農情報

最近のエントリー
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop