ホーム > 営農情報 > 

営農情報

17.12.15

水稲

☆雑草イネ対策について

 」Aあづみ管内全域で雑草イネが増加しています。異品種混入に
よる銘柄落ちとなり、減収にも結び付きます。
 雑草イネを絶させるためには次の対策が必要となります。

 雑草イネ対策用の除草剤の処理

 下記の対策を4年間継続的に実施することで、根絶させることができます。
 過去4年において倉庫検査の時点やライスセンター利用者の食味分析
にて、1回だけでも発生が確認された方には、毎年(4年間)対策の通知をお送りしています。
 JA管内から雑草イネを絶するためにも、ご理解とご協力をいただき、雑草イネ除剤予約注文書等にて除草剤の注文をお願いします。
 雑草イネ対策についての相談等、詳しくは各地域営農センターまでお問い合わせ下さい。

 (掘金地域営農センター 下田裕責

営農情報

最近のエントリー
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop