ホーム > 営農情報 > 

営農情報

17.10.17

そ菜

タマネギの定植時期です
 
  10月下旬から11月にかけてタマネギの定植時期になります。最近は定植時期に雨が降られ適期に定植ができず、根張りが悪くなり凍抜けが多発しています。早めの圃場準備をして適期に定植できるように心がけましょう。
 
 花芽分化と抽台と分球
  玉ねぎは低温感応型植物で、一定の大きさに達した株が低温に一定期間遭遇すると花芽分化し、その後の高温・長日によって抽台します。要因としては春遅くまでの低温や肥料切れ、粗植による株の生育促進、大苗定植などです。また、分球については抽台を起こすような大苗定植や定植が早いと多くなりやすく、また、肥料が多いと促進されます。
 
 苗取り
 長さ20〜25cm、鉛筆位の太さの苗が良い苗です。
 苗は根を多く残るように取りましょう。根を切りすぎると活着が遅れ、欠株の原因となります。また苗の根を乾かしすぎても活着に影響を及ぼしますので乾燥に注意し、定植前にネオリン0.8%液(水1ℓに8g)に浸漬すると活着促進になります。

 圃場準備
  水田後作1年目は、苦土石灰を100kg/10a散布し、酸度調整をしましょう。また、稲株やわらが多いと苗をうまく定植できませんので、丁寧に耕し、大きな稲株や石などは拾っておきましょう。機械定植の方は特に注意が必要です。

 定植
  植え付け本数は1aあたり4000本前後です。越冬前にしっかり根を張らせることで冬期の凍抜けを防止し、越冬後も十分な生育量を確保することにつながります。覆土した上を足で鎮圧すれば凍上がり対策になります。
 定植後は雑草防止の除草剤を散布しましょう。
  
 除草剤
  コンボラル 6kg/10a 1回
  ゴーゴーサン細粒剤F 6圈10a 1回
  トレファノサイド粒剤2.5 5圈10a 2回以内
  ボクサー 500mℓ/10a 2回以内
  記載した除草剤は主に草を抑えるタイプの除草剤となります。効果的な使い方は、適湿な土壌に均一に処理することが重要です。  
 
 <注意>
   コンボラルとゴーゴーサンはどちらか1回しか使用できません。
  春先「葉たまねぎ」として販売するには「ゴーゴーサン乳剤」しか使用できません。

(豊科地域営農センター主任 有賀賢一

営農情報

最近のエントリー
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop