ホーム > 営農情報 > 2017年8月

営農情報

17.08.17

果樹

適期収穫を心がけましょう  8月は平年と比べ気温が高い予想がされているため、特に日焼けの発生に注意した収穫前管理と適期収穫に努めましょう。 また、土壌の乾燥が日焼けを助長するため、しばらく降雨が見られない場合は早めに潅水を行いましょう。 りんご 見直し摘果(樹上選果)を行い、変形果や肥大不良果を摘果し品質を揃えましょう。 早生種の収穫期となりますので、枝吊り、支柱立て、葉摘み、玉回し等の収穫前管理…

詳しく見る

17.08.17

水稲

  いよいよ出穂の時期となりました。これからの水管理と病害虫防除で、収量や品質に大きく影響がでます。 特に『いもち病』による減収や品質低下、『カメムシ』による斑点米での等級落ちや高温による胴割れ米等が心配されます。 高品質米の生産に向けて、次の点に注意して今後の管理を行いましょう。 出穂始め・・・圃場内で初めて穂を確認した日 出穂期・・・・全茎数の40〜50%出穂した日  病害虫防除所よ…

詳しく見る

17.08.17

そ菜

  夏野菜の出荷が本格的になっています。また、例年、高温干ばつであります。このような気候の際は、土壌の渇き具合に応じて朝夕の涼しい時間に畝間潅水をお願いします。ただし一度に多量な水を与えますと根を痛める原因となりますのでご注意ください。 トマトやキュウリなど果菜類は、肥料切れすると病気等にも弱くなりますので、潅水に合わせて追肥も行いましょう。 タマネギの播種準備について  播種は定植から…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop