ホーム > 営農情報 > 

営農情報

17.05.07

水稲

5月に入り、田植えの時期となりました。
苗箱施薬剤や除草剤等の農薬使用には必ずラベル等を確認し適正に使用しましょう。また、作業後は水稲栽培日誌へ忘れずに記帳して下さい。
近年、農作業機械による作業事故が多くなっております。点検・作業操作方法等確認し安全に作業を進めて下さい。

代かき
代かきは平らになるように、丁寧に行いましょう。
植代は浅く行い、車輪の跡がつかない程度に調整をしましょう。

苗箱施薬剤
薬の吸収を良くする為、田植え前日に苗箱1箱に対し薬剤50gを均一に、確実に散布しましょう。散布後、苗を撫でて薬を床土に落とし潅水をします。潅水する事により薬剤が土に吸着し薬剤のこぼれ落ちが少なくなり薬剤の効果も良くなります。
また、育苗後にハウスで野菜栽培を行う場合、苗箱施薬使用は必ずハウスの外で散布して下さい。ハウス内で散布した場合、こぼれ落ちた苗箱施薬剤を後作の野菜が吸収してしまい、残留農薬が検出されると、出荷ができなくなってしまいますのでご注意ください。

田植え
植え付け時に深植えにすると活着や分けつが遅れるので植付けの深さを確認しましょう。田植え後は地面が露出しない様に水管理(3冂度)をして下さい。活着後は、昼間は浅水(2〜3)とし、昼間止水・夕方入水にして水温の上昇に努めてください。

除草剤
除草剤は水田の条件により剤系を選んで下さい。水持ちの良い水田(4日程水が引かない所)は『フロアブル剤』・『ジャンボ剤』・『豆つぶ剤』の剤系が使用できます。水持ちが悪い水田は『粒剤』を使用すると効果が安定しますので、おススメです。除草剤散布後は、薬剤がしっかり土壌に吸着されるまで水を動かさないで、田面を露出させない事が大切です。
除草効果を高めるためにも、代かき後の早めの田植え、除草剤散布を心がけましょう。

水稲栽培日誌
栽培日誌は作業後、忘れないように記帳をお願いします。
1回目は6月9日(金)迄に『日誌』と『台帳』の提出をお願いします。
1回目では種子更新、育苗場所、肥料の関係、除草剤等の明記が必要になってきますので、記入漏れがないか確認をし、提出をして下さい。
※出荷はしなくても、JAのライスセンターやカントリーエレベーターを利用する場合も必ず日誌と台帳の提出をお願いします。


                                                                                      (豊科地域営農センター 小澤史弥

営農情報

最近のエントリー
結実確保に向けて万全の準備と生育に合わせた適期作業を
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop