ホーム > 営農情報 > 

営農情報

16.11.14

産直

直売所イベントなどについて
 11月に入り秋野菜の収穫も、終盤になりました。JA直売所「安曇野スイス村ハイジの里」「JAファームみどり店直売所」「あずみ野ふる里市」では、リンゴフェアなどのイベントが予定されています。
 インショップ主催の収穫祭・支所祭などについても、各地域の基幹支所や営農センターで予定していますので、是非ご参加ください。
 
冬野菜の栽培について
 冬野菜については、可能な限り有休ハウスを活用して、小松菜・ホーレン草の作付けをお願いします。
 平均気温が10度以下になると、野菜の防寒対策が必要になります。
 路地野菜でも、防寒用の被覆資材を活用することで、収穫時期を延長する事ができますので、取り組み下さい。

<防寒対策>
〇笹立て  北側の風除け簡易な防寒。
  種類  ナバナ・ほうれん草・小松菜・エンドウ(耐寒性は特に強い)

〇結束  ハクサイ等外葉を縛ることで防寒する。

〇不織布  霜除け・保温性はビニールに準ずる。
  種類  白菜・キャベツ・大根・人参など(耐寒性は強い)
  
〇トンネル  アーチ形骨材ポール併用の防寒・晴天時は裾開けする。
  種類  レタス・セロリ・シュンギクなど (耐寒性は弱い)

※6月オープンした「安曇野スイス村ハイジの里」の地場野菜コーナーも棚に余裕がありますので、来年度に向けて出荷を希望される方は、各地域営農センターにご相談下さい。

                                         (豊科地域営農センター課長  飯沼敏成

営農情報

最近のエントリー
中生種の収穫とふじの着色管理
遊休ハウスで小松・菜ほうれん草栽培
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop