ホーム > 営農情報 > 

営農情報

16.10.14

水稲

 今年の稲刈りも終わり、今月より次年度へ向けての準備を始める時期となりました。

土作り
 稲は『ケイ酸植物』と言われるようにケイ酸を必要としますので、土壌改良材で補うようにしましょう。秋起し前に『土想神』を10a当り5袋散布し不足しているケイ酸分と微量要素を補給して、異常気象や病害虫に負けないようにしましょう。

秋起し
 秋起しは水田の土作りで非常に重要な作業です。生ワラの腐熟促進の為、出来るだけ早目に行いましょう。
 秋起しの効果として、
 ^陬錺蕕良綵呂鯊タ覆気察⊆’度の浮ワラを抑える。
 ∋草の種子・塊茎を凍結して死滅させる。
 H醂訴の流亡を抑える。
 等の効果が期待できます。また、生ワラの腐熟を促進させる為、秋起し前に『ワラソイル』を10a当り2袋施用しましょう。

栽培方法の検討
 米の検査結果や栽培日誌等を参考に本年の栽培を見直しましょう。
 稲は年1回しか作れませんので、改善点がある場合はメモをしておき、来年度は改善できるようにしましょう。

雑草イネ対策
 “生圃場を特定する
 雑草イネは農業機械により拡がりますので、発生圃場は機械作業を一番最後に行います。
 ⊇起しをしない
 圃場に落ちた籾は秋起しをしない事で、冬の間の凍結や鳥類の摂食で密度を減少させることができます。
 H生圃場の作業は最後にする
 発生圃場の作業は全て最後に行います。機械に付着した泥と一緒に種子が他の圃場に広がるのを防ぎます。作業後は機械を良く清掃・洗浄しましょう。
 づ朕△┿期を遅らせる
 時期を遅らせる事で発芽した雑草イネを丁寧な代掻きで埋没させましょう。
 ソ草剤体系
 雑草イネに有効な除草剤体系で減らしましょう。JAあづみでは、3回処理と2回処理の2体系で選択ができます。
 θ瓦取りの実施
 雑草イネは籾が脱粒しやすく、除草剤で防除できなかった株を放置しておくと稲刈り前に籾が圃場に落ち次年度の発生要因となります。6月と出穂期の2回は雑草イネと疑わしい株は全て抜き取りましょう。
 雑草イネ発生圃場では4年間は継続して対策に取り組みましょう。

 相談・お問合せは各地区指導員へお願いします。

                                                                                      (穂高地域営農センター主任 西牧 宏

営農情報

最近のエントリー
中生種の収穫とふじの着色管理
遊休ハウスで小松・菜ほうれん草栽培
母株伏せ込み準備の時期です
タマネギ播種について
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop