ホーム > 営農情報 > タマネギ播種について

営農情報

16.09.14

タマネギ播種について そ菜

 9月上旬はタマネギの播種時期となります。播種時期が早すぎると大苗になり抽台の要因になりますし、遅すぎると収穫物が小玉傾向になり減収に繋がります。秋の気温を考慮しながら、播種時期の調整をしてください。

播種後の育苗管理
 タマネギは播種から1週間程度で発芽しますが、発芽するまでの期間は乾燥させない様に小まめに灌水し発芽率を高めましょう。
 7割程度が発芽したら、夕方の涼しい時間に被覆資材を除去します。釣り針状になった芽が被覆資材に引っかかる可能性がありますので、抜かない様に十分注意して作業しましょう。
 本葉2枚程度までは乾燥に弱いので、2日に1回は灌水を実施してください。天候次第で灌水回数の調製をしてください。
 本葉3枚程度になるまでに間引きをします。苗と苗の間隔が1冖にの混み合っている箇所を1崚り1,000本の目安で間引いてください。間引きの際、条間に雑草が生えてしまっている場合は抜き取りをし、併せて棒切れ等で中耕をすると、土の中に空気が入ります。健全な苗を育てる為に手を加えてください。

病害虫対策
 被覆資材を除去した後に、前半の苗立枯病予防の為にオーソサイド水和剤80を600倍液で散布しましょう。後半は、べと病・灰色カビ病予防の為にダコニール1000の1000倍液と、アザミウマ予防剤を散布するようにしてください。

排水対策
 9月は秋雨や台風といった降雨による湿害が予想されます。上床での育苗管理を実施されているかと思いますが、水はけの悪い圃場で管理されている場合は、湿害に遭いやすいので、排水溝を掘り長雨や豪雨による滞水を回避できる様にしましょう。

 9月は播種等の秋作業が最盛期を迎えます。まだまだ暑い日が続くかと思いますので、水分補給を十分取り熱中症対策をしてください。

                                           (穂高地域営農センター 保尊優一

営農情報

最近のエントリー
遊休ハウスで小松・菜ほうれん草栽培
母株伏せ込み準備の時期です
タマネギ播種について
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop