ホーム > 営農情報 > 2016年6月

営農情報

16.06.18

果樹

 4月からの度重なる凍霜害により被害が見られます。霜道や標高差などによっても被害状況に差がありますが、着果量の確保が難しい圃場では、本来なら摘み取ってしまう遅れ花の果実やサビなど障害のある果実は樹勢調整のために必要となりますので、まずは着果量が確保出来るか確認してから作業を進めて下さい。 今月の主な作業 りんご 平年より5日から7日程度早い生育で経過しています。凍霜害により目通りから下枝にかけて被…

詳しく見る

16.06.18

水稲

 今月は、水稲の分けつが旺盛になり有効茎数確保の重要な時期になります。茎が少ないと減収になりますし、多すぎると茎の充実が悪く倒伏しやすくなります。また粒が小粒になったり、くず米が多くなったりします。そこで中干しを実施し、茎数をコントロールしましょう。 中干し 6月に入ると急激に分けつが増します。コシヒカリで1株、18〜20本確保できたら中干しを始めます。《中干しの効果》 ?発根促進と稲体の健全化 …

詳しく見る

16.06.18

梅雨時期の栽培管理について そ菜

 梅雨時期を迎え降雨、曇天の日が多くなります。水はけの悪い圃場では、病気の発生や、湿害による根腐れ等、生育障害が発生しやすくなります。 [排水、湿害対策の徹底] 長雨や豪雨に備え、圃場に溝を掘り畝間に雨水がたまらないよう排水対策を整えましょう。圃場に水がたまると根の働きが悪くなり、生育の遅れや病気に対する抵抗力が低くなります。 また、マルチを張っていない圃場は、降雨による泥跳ねにより病原菌が作物に…

詳しく見る

16.06.13

直売所向けおすすめ野菜品種 産直

エダマメ [特徴・住みやすい環境]エダマメは大豆の未熟莢を収穫するもので、植物学的にはまったく同じ植物です。発芽適温は、25〜30℃と非常に高く、高温期の栽培に向くため、5月下旬から7月上旬位まで幅広いは種適期となります。生育適温も、20〜25℃で、昼夜の温度差がある方がより生育が良くなります。マメ科は一般に連作障害が出やすいですが、エダマメは、マメ科作物の中では連作に耐える方で、致命的な病害虫も…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
梅雨時期の栽培管理について
直売所向けおすすめ野菜品種
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop