ホーム > 営農情報 > 2016年3月

営農情報

16.03.17

剪定の見直しと発芽前の管理を 果樹

  今月は剪定作業の仕上げの月となります。雪の影響で剪定が遅れている方は、3月中に遅れを取り戻しましょう。 また、剪定作業が一通り終了次第、誘引(上下、左右)や剪定の見直し、発芽前の管理を遅れないように進めましょう。 りんご?剪定の見直しを行い、どの枝に も日光が当たるか確認しましょ う。併せて誘引も必ず実施しま しょう。(若木の誘引も忘れな いように)?苗木の植え付け準備と定植?野鼠対…

詳しく見る

16.03.17

水稲

3月は、種籾の消毒・浸種作業の始まる時期です。 ★種籾について  種籾は全量種子更新をお願いします。(JA長野県安全安心基準米の必須条件です)準備する種籾の量は10a当たり3?を基準に準備し、あまり厚播きにならないように注意しましょう。 苗箱1枚あたりの播種量は乾籾重で160gが適量です。 ※4?ネットを育苗箱25枚に播きます。  米トレーサビリティー法に基づき種子購入伝票は3年間保存して下さい。…

詳しく見る

16.03.17

そ菜

 3月に入り多くの品目で播種や肥料の散布・資材の準備が始まってきます。計画を立てて遅れずに作業に取り組んで下さい。 ☆ジュース用トマト  現在、当JAではジュース用トマトの生産者を募集しています。『定年退職後は畑仕事をしたい』『農業で生計を立てたい』『遊んでいる土地を有効使用したい』という方は小面積でも構いませんので是非、取り組んでみませんか。•契約品目で価格が決まっていますので所得が…

詳しく見る

16.03.17

花き

 〜露地品目の切り花栽培を始めませんか〜  花を栽培するにはハウスが必要だと思っていませんか? 露地でも十分栽培が可能で出荷できる品目や栽培方法があります。 今回は、これからでも間に合う比較的栽培管理が容易な露地品目を紹介します。  ヒマワリ  ヒマワリは露地栽培が可能な切り花で、直播での栽培となるため、育苗の手間が掛かりません。 出荷は、長期間の継続出荷が可能なため、販売面で有利になります。 出…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
剪定の見直しと発芽前の管理を
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop