ホーム > 営農情報 > 低コスト栽培の直播栽培に挑戦してみませんか

営農情報

16.01.19

低コスト栽培の直播栽培に挑戦してみませんか 水稲

水稲直播栽培について
 水稲直播栽培とは特別にコーティングした籾を専用の機械で田んぼに直接、播種していく栽培方法です。
メリットは育苗管理の省力化、刈り取り期の分散等です。

◆先ずは直播機利用組合へ加入を。
  45,000円を出資して組合に加入する事が必須条件です。詳しくは、地区営農センターにお問い合わせ下さい。


◆料金体系(平成27年度作業料金)
・10aあたり12,800円
(種子代・コーティング加工料・直播機利用料を含みます。)
・同時側条施肥は20%増しになります。

◆注意事項
・鳥が多くいる田んぼには実施できない場合があります。
・移植栽培と異なり苗箱施薬を使用しないので、本田でのいもち病の防除が必要になります。
・基本的に播種機のオペレーターはご本人となります。
しっかりした土作りがおいしい米の決め手
 当JA管内の田んぼを土壌分析しますと、ケイ酸・鉄・マンガン・苦土が不足傾向です。この様な微量要素の補給を行えるように、管内の土壌に適した土壌改良材が土想神です。近年、生育期の天候不順の影響による徒長(草丈がむだに伸びてしまうこと)や台風による倒伏、高温障害による乳白米や胴割れ米への心配が増えています。倒伏は、品種特性に窒素過多や密植などの栽培条件に日照不足や病虫害の発生の環境条件が加わって稈が弱くなり、そこに雨や風など外から力が加わると倒伏しやすくなります。稲は地力でつくると言われています。天候不順に影響されずに良質米を安定的に生産するための土づくりをご提案します。

ケイ酸の役割について
 特にケイ酸は葉や根を丈夫にし、倒伏や冷害・高温障害に強い稲をつくります。根の伸長を助け、夏場にしっかりと張った根は水と養分を吸収し、光合成を盛んにおこなうことで、籾へスムーズにでん紛を送り込みます。
 10aあたり約120圓離吋せ世必要ですが。土壌などから約100堋度が供給されます。そこで不足分を補うため10aあたり5袋の土想神の散布をおすすめします。

                                                                                        (梓川地域営農センター 中田聡一)

営農情報

最近のエントリー
新たなる年を迎えて
低コスト栽培の直播栽培に挑戦してみませんか
本年度の栽培管理をふりかえって
本年度の栽培管理をふりかえって
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop