ホーム > 営農情報 > 

営農情報

15.12.19

そ菜

来年の栽培に向けて土づくりをしましょう
 
 師走となり、畑の後片付けも終え、一段落ついた頃だと思います。今年の栽培を振り返り、気象条件以外の要因で年々野菜が作りにくくなったと感じていれば、連作障害を疑いましょう。
 連作障害を避けるためには、輪作体系を組んだり、耐病性品種を導入したり、或いは、土壌消毒などの病害防除が考えられますが、ほとんどの原因である土壌状態の改善を計画してみましょう。
 この冬の間に畑の土壌診断を行い、土の状態を把握し、健全な野菜を栽培するための土づくりを行いましょう。野菜が健全に生育するためには、根が深く土壌中に伸長し十分に養水分を吸収できることが大切です。そのためには土壌の、/紊呂韻篦無だがよく、∧歐緡呂あり、酸度が適正で、と醂訴に富んでいることが必要です。
 
 有機質資材の投入と深耕
  の状態にするためには、土の団粒化を促す必要があります。団粒を作るためには、堆肥またはそれに変わる有機質資材を十分に施すことが必要です。来年の春までに完熟堆肥を10a当たり2〜3tくらい投入しましょう。また、作土層を厚くすることで根域を確保し、湿害などに対応するため、堆肥の投入時に深耕しましょう。
 
 pHの矯正
  ついて畑の土は、石灰・苦土が作物の吸収や雨による流亡で減少したり、窒素肥料によるアンモニアの硝酸化などにより酸性化します。酸性土壌では肥料分が吸収しにくく作物がうまく生育できません。野菜により適した土壌酸度は違いますが、pH6〜7を目安に石灰資材などを施し、矯正してください。
 
 土壌診断の実施
  銑い両魴錣鯔たす土づくりの目安として、土壌診断を実施しましょう。
 
 土の採り方
 畑の四隅と中央の5カ所から土を採取します。表面のゴミなどを取り除き、15僂泙任凌爾気療擇5カ所とも同じ量採取します。5カ所の土を一つにまとめよく混ぜ、きれいな紙に薄く広げてよく乾燥させた後、2mm目の篩にかけます。各営農センターにある土壌診断用の紙封筒に必要量(200g程度)を入れ提出してください。診断結果は届き次第報告いたします。

                                                  (三郷地域営農センター係長 赤羽正宏

営農情報

最近のエントリー
晩生種の適期収穫と秋冬管理
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop