ホーム > 営農情報 > 

営農情報

15.11.19

そ菜

  11月に入り多くの品目で収穫作業が終了しましたが、品目によっては次年度に向けた作業が必要となります。

☆タマネギ
 定植作業が終了した頃だと思われますが、まだの方は早目にお願いします。定植適温は平均気温が12℃の時が理想です。活着が良好でも、根張りを十分させるのには少なくても15日〜20日以上が必要になります。秋の気温は日々低くなってきますので遅れ無い様にしてください。

越冬前に除草剤を
 雑草は発生させてしまうと除草が大変困難です。越冬前に除草を行い雑草の発生を抑えてください。
コンボラル・・畑地1年生雑草 10a
当たり4〜6垰局曚靴討ださい。
ゴーゴーサン乳剤・・畑地1年生雑草   10a当たり水100ℓに500ml希釈し散布してください。
ゴーゴーサン細粒剤F・・畑地1年生雑草 10a当たり5〜6垰局曚靴討ださい。

※注意事項
 右記3種類の除草剤は、使用回数はすべて1回のみです。また、3種類とも同成分を含んでおりますので、いずれか1剤のみの使用です。
 例コンボラルを使用しますとゴーゴーサン乳剤・細粒剤Fは使用できません。

☆アスパラガス
 11月になりますと葉が黄色になります。葉の養分が根に蓄えられた証拠です。この事を養分転流と言います。養分転流が終わりましたら主に3つの作業を行ってください。
_変した茎葉を地際から刈取ってください。刈取り後は圃場の外で焼却するか埋没してください。
茎葉の刈取りで残った茎をマンモスバーナーで焼却するか抜き取りを行って下さい。この作業をする事で茎枯れ病の原因となる菌の越冬を防ぐ事が出来ます。マンモスバーナーは各営農センターで貸し出しがあります。
J狆譴忙草が多い場合は除草剤を散布し翌年の雑草発生を抑えてください。
プリグロクスL・・雑草茎葉散布 10a当たり水100〜150?に600〜1000ml希釈してください。
プリグロックスLは毒物ですので購入の際には印鑑が必要になります。

☆サニーレタス
 春一番の栽培品目で、比較的簡単に取り組める作物です。早めの出荷であれば、単価も安定していますので、春先の収入源として栽培してみませんか?野菜栽培が初めての方でも大歓迎です。

                                               (梓川地域営農センター 中田聡一

営農情報

最近のエントリー
適期収穫とふじの着色管理
次年度に向けた雑草イネ対策
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop